佐藤健VS吉川晃司、火花バチバチ本気勝負 「るろ剣」は13年ぶり連載開始 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年1月4日 > 佐藤健VS吉川晃司、火花バチバチ本気勝負 「るろ剣」は13年ぶり連載開始
メニュー

佐藤健VS吉川晃司、火花バチバチ本気勝負 「るろ剣」は13年ぶり連載開始

2012年1月4日 08:00

血ぬられた人斬り・刃衛を熱演!「るろうに剣心」

血ぬられた人斬り・刃衛を熱演!
(C)和月伸宏/集英社 (C)2012「るろうに剣心」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ミュージシャンで俳優の吉川晃司が、滋賀・大津の安楽律院で行われた「るろうに剣心」の撮影に参加した。血の欲望に駆られる浮浪(はぐれ)人斬りの鵜堂刃衛に扮し、佐藤健演じる緋村剣心と対じする重要なシーンに挑んだ。

この日は、剣心のなかに眠る“人斬り抜刀斎”の血を覚醒させるため、刃衛が神谷薫(武井咲)を拉致する、原作でも人気の場面を撮影した。安楽律院は、昭和期の放火により大部分が焼失。現存する山門を舞台に、吉川、佐藤は殺陣を披露。吉川は大友啓史監督の演出に巧みに応え、セリフをアレンジしながら、人を斬る喜びに支配された殺人鬼をユーモラスに演じた。

奇しくも刃衛は、大友監督がメガホンをとったNHK大河ドラマ「龍馬伝」で、佐藤が演じた岡田以蔵をモデルにしている。自らの欲望を満たすため手段を選ばない冷酷さを持ち、暗殺に対するストイックな美意識、革の衣装など特徴的なキャラクターを再現した。

「刃衛はものすごい殺人鬼なんだけれども、ただの人斬りではない匂いを持たせたかった」という大友監督は、「原作と映画独特の存在感を考え、書いてるときから吉川さんのことが頭にあった」と脚本執筆当初から吉川を念頭に置いていたことを明かした。

「オーラやたたずまいが映画の人」だという吉川に、大友監督は「でかい画面の真ん中にでんといる年輪を感じる。ごまかさず、存在自体でドカンと勝負できる人ってすごく魅力的」と信頼を寄せた。一方の吉川も、背車刀など独特な殺陣にも挑戦し「ここで持っているものを全部使っちゃう。カラカラになっちゃうかも」と笑顔をのぞかせた。

原作は、1994~99年に「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載された、和月伸宏の人気漫画「るろうに剣心 明治剣客浪漫譚」。今作の公開を記念し、12年5月上旬に発売される「ジャンプSQ」6月号で、13年ぶりに新シリーズの連載が始まる。ストーリーや登場キャラクターは未定だが、世界中で人気を博した作品の再始動に期待が高まる。

るろうに剣心」は、2012年8月25日に全国で公開。

HT~赤道の真下で、鍋をつつく~[DVD] HT~赤道の真下で、鍋をつつく~[DVD] 最安価格: ¥2,875 三浦春馬×佐藤健 主演作目白押しの2人が奇跡の共演!第二弾!! 今回は大自然、しかも経験したことのない熱帯雨林のジャングルに挑む。
必死剣鳥刺し[DVD] 必死剣鳥刺し[DVD] 最安価格: ¥4,071 藤沢周平の時代小説“隠し剣”シリーズの一編を平山秀幸監督が映画化。出演:吉川晃司

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi