ベンダース初の3D作品「Pina 3D」 心を震わせる映像に坂本龍一が涙 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2012年1月3日 > ベンダース初の3D作品「Pina 3D」 心を震わせる映像に坂本龍一が涙
メニュー

ベンダース初の3D作品「Pina 3D」 心を震わせる映像に坂本龍一が涙

2012年1月3日 17:30

坂本龍一も涙した「Pina 3D」「Pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」

坂本龍一も涙した「Pina 3D」
(C)2010 NEUE ROAD MOVIES GMBH, EUROWIDE FILM PRODUCTION
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ビム・ベンダース監督が、2009年に逝去したドイツの世界的天才舞踊家ピナ・バウシュさんの世界を、3Dで撮影した最新作「Pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」。公開に先立ち、本作を絶賛するコメントが各界から届いた。

第84回アカデミー賞外国語映画賞ドイツ代表にも選出された本作は、ダンサーと共に踊る3Dクレーンカメラで撮影され、躍動感あふれる美しく新しい映像世界をつくり上げた。舞台は“生”で鑑賞するものという既成概念を打ち破り、数々の映画祭で注目を集め、各国で大ヒットしている。

音楽家の坂本龍一は「ぼくはずっと泣いていました」と、涙を流すほどの感銘を受けたと告白。バウシュさんと親交のあった、デザイナーの山本耀司氏は「ピナの作品を見たことがない人も、これだけは、この映画だけは見たほうがいい。こういうアーティストが存在し、表現し続けた。つい最近まで。この映画を通じてそれだけは見ておけ」と断言している。

バレエダンサーの首藤康之は「ピナの優雅に闘い続けている姿は、僕たちダンサーにとっていつも愛と勇気を与えてくれた」。ミュージカル演出家の宮本亜門氏は「二人のクリエーションが、美しく化学反応した崇高な名画。またピナへの鎮魂であり、愛すべきダンサーたちへ彼女からの心に響く遺言」。宝塚出身の女優鳳蘭は「本能を限界まで追求し表現力を超えた体の動きに心が洗われ、私までピュアになりました。ピナ・バウシュは、魂の語り部です」と、舞踏、演劇界からの称賛の声は大きい。

永瀬正敏は、「二人の偉大な才能の主の想いを一つの作品で体感できる……なんてぜいたくで素晴らしい作品なんだろう」と思い入れ深く語り、映画「モテキ」が大ヒットした大根仁監督は、「今まで3D表現に魅力を感じたことは一度もなかった。Pinaを見てやっとわかった。これこそが3D映画であり21世紀の新しい映像表現なのだと」と、今までにない3D表現の新しい可能性と魅力を発見したようだ。

Pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」は2月25日から全国で公開。

playing the piano europe 2009[DVD] playing the piano europe 2009[DVD] 最安価格: ¥3,201 2009年にドイツ、ベルギー、イタリア、フランス、スペイン、イギリスの6ヵ国で27公演行われた「Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2009 Europe」のライブDVD。
パリ、テキサス 【デジタルニューマスター版】[DVD] パリ、テキサス 【デジタルニューマスター版】[DVD] 最安価格: ¥3,175 ニュージャーマンシネマの旗手、ヴィム・ヴェンダース監督が贈る、84年度カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞したロードムービー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi