戦後日本を語り尽くす!三浦友和ら「ALWAYS」公式サイトでコラム連載 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年12月31日 > 戦後日本を語り尽くす!三浦友和ら「ALWAYS」公式サイトでコラム連載
メニュー

戦後日本を語り尽くす!三浦友和ら「ALWAYS」公式サイトでコラム連載

2011年12月31日 11:00

近所付き合いが当然だった昭和の時代が懐かしい「ALWAYS 三丁目の夕日’64」

近所付き合いが当然だった昭和の時代が懐かしい
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 昭和の東京の下町を舞台にした、ヒューマンドラマの第3弾「ALWAYS 三丁目の夕日‘64」の公開に先立ち、映画にかかわる関係者が映画の舞台となった昭和39年当時を語るコラムが公式サイトでスタートした。

コラムを執筆するのは、阿部秀司エグゼクティブ・プロデューサー(12月30日)、奥田誠治エグゼクティブ・プロデューサー(2012年1月6日)、白組の島村達雄代表取締役社長(1月13日)、三浦友和(1月20日)、もたいまさこ(1月27日)の5人。同作に出演する三浦ともたいは、ともに52年生まれ。物語の設定となった昭和39年は少年期、少女期だけに、思い入れもひとしおだ。

西岸良平の人気漫画を原作に、昭和30年代の東京の下町にクラス人々の悲喜こもごもを描いた人気シリーズ第3弾。シリーズ初の3Dで製作された今作は、東京オリンピックや新幹線開通にわくなか、夕日町三丁目の住民たちは、それぞれ人生の転機を迎える。小説家の茶川は間もなく新たな家族が誕生しようとしており、鈴木オートの事業も順調で、街中が活気にあふれている。

宅間史郎役の三浦は、「東京オリンピックのときは沿道で旗を振ったりしていましたね。三丁目のセットに行っても、台本を読んでも、タイムスリップをするような気持ちになりました。あの頃の風景やオリンピックを3Dで見てみたいので、この作品は3Dにする意味があると思っています」と語っている。もたいは、大田キンを演じている。「私は東京生まれで、オリンピックのブルーインパルスは実際に見ていたので、今回映画で再現されるのはすごく楽しみですね」とコメントを寄せた。

キャストふたりが楽しみにしているオリンピック、ブルーインパルスの描く五輪マークについては、阿部氏も同調する。1作目のアイコンだった東京タワーを引き合いに出し、「完成してからはたくさんの人が見ていますが、建設途中を知っているのはわずかな人しかいません。それが、ブルーインパルスのアクロバット飛行となるともっと瞬間的な出来事ですから、目にした人はさらに少ないはず。当時を知らない若い世代の方にも、こんなことがあったと知ってもらいたかったし、あの頃の人々の気概やエネルギーも感じてもらえればうれしい」と話した。

ALWAYS 三丁目の夕日‘64」は、2012年1月21日から全国で公開。

「ALWAYS 三丁目の夕日 '64」ナビゲートDVD 『帰ってきた、夕日町...[DVD] 「ALWAYS 三丁目の夕日 '64」ナビゲートDVD 『帰ってきた、夕日町...[DVD] 最安価格: ¥1,732 西岸良平の人気コミックを映画化した感動ドラマシリーズ第3弾『ALWAYS 三丁目の夕日'64』の劇場公開に向け、同作品の見どころと魅力を先取りするナビゲートDVD。c
ALWAYS 三丁目の夕日/ALWAYS 続・三丁目の夕日 二作品収納版[DVD] ALWAYS 三丁目の夕日/ALWAYS 続・三丁目の夕日 二作品収納版[DVD] 最安価格: ¥5,322 全ての日本人に贈る、西岸良平原作の心温まるヒューマンドラマ「ALWAYS 三丁目の夕日」通常版DVD+「ALWAYS 続・三丁目の夕日」通常版DVDの2枚組。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi