スティーブン・キングが選んだ「2011年私のトップ20」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年12月28日 > スティーブン・キングが選んだ「2011年私のトップ20」
メニュー

スティーブン・キングが選んだ「2011年私のトップ20」

2011年12月28日 11:15

スティーブン・キングが今年のポップカルチャー No.1に選んだドラマ「ブレイキング・バッド」「マージン・コール」

スティーブン・キングが今年のポップカルチャー
No.1に選んだドラマ「ブレイキング・バッド」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] モダンホラーの巨匠スティーブン・キングが、コラムを連載中の米エンターテインメント・ウィークリー誌で、今年を振り返る「My Top 20 of 2011」を発表した。例年、映画やテレビシリーズ、小説などジャンルごとにトップ10を決めていたが、今年はすべてを合わせた、いわば2011年ポップカルチャーのトップ20になっている。

第1位に選ばれたのは、米人気テレビドラマ「ブレイキング・バッド」。がんを宣告された高校教師が、家族に財産を残すために麻薬精製に手を染めるという過激な内容だが、主演のブライアン・クランクストンが3年連続でエミー賞の主演男優賞を獲得するなど高い評価を得ている。キングも絶賛しており、「『ブレイキング・バッド』は『ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア』を超えた。まさにアメリカン・クラシックだ」と評した。

映画のなかで最上位にランクインしたのが、2位の「マージン・コール」。本作が長編映画デビュー作となるJ・C・チャンダー監督が、ケビン・スペイシーポール・ベタニージェレミー・アイアンズデミ・ムーアら豪華キャストを迎え、ウォール街を舞台にリーマンショック前夜を描いたサスペンスドラマだ。

ちなみに、昨年の映画トップ10では、マット・リーブス監督、クロエ・モレッツ主演の「モールス」を1位に挙げていた。

スティーブン・キングの2011年トップ20は以下の通り。

1.テレビシリーズ「ブレイキング・バッド」(AMC)
2.映画「マージン・コール
3.メイヤー・ホーソーンのアルバム「How Do You Do」
4.テレビシリーズ「Sons of Anarchy」(FX)
5.ポール・マーレイの小説「Skippy Dies」
6.ファウンテンズ・オブ・ウェインのアルバム「Sky Full of Holes」
7.映画「The Debt」
8.ロバート・アール・キーンのアルバム「Ready for Confetti」
9.T・C・ボイルの小説「Talk Talk」
10.フィリップ・カプートの小説「Crossers」
11.テレビシリーズ「リベンジ」(ABC)
12.リンウッド・バークレイの小説「The Accident」
13.映画「ツリー・オブ・ライフ
14.映画「The Lincoln Lawyer」
15.Mikis Michaelidesの楽曲「Get that snitch」
16.ジャスティン・エバンスの小説「White Devil」
17.映画「ファイナル・デッドブリッジ
18.テレビシリーズ「The Hour」(BBC)
19.テレビシリーズ「ウォーキング・デッド」(AMC)
20.アデルの楽曲「Rumor Has It」

ツリー・オブ・ライフ[DVD] ツリー・オブ・ライフ[DVD] 最安価格: - 実業家として成功したが人生の岐路に立ち、力こそがすべてだと信じる厳格な父と純粋すぎるほどの愛に満ちた母との狭間で葛藤していた遠い少年時代に想いを馳せ、自らの生き方を振り返るドラマ。
マージン・コール[DVD] マージン・コール[DVD] 最安価格: ¥3,527 ケヴィン・スペイシーほか実力派ハリウッド俳優共演で贈る、ウォール街崩壊の24時間を描いた金融サスペンス。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi