「アバター」盗作訴訟の標的に 10日間で3件も! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年12月22日 > 「アバター」盗作訴訟の標的に 10日間で3件も!
メニュー

「アバター」盗作訴訟の標的に 10日間で3件も!

2011年12月22日 08:00

相次いで盗作訴訟を起こされる理由は?「アバター(2009)」

相次いで盗作訴訟を起こされる理由は?
(C)2009 Twentieth Century Fox. All rights reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 歴代映画興行記録を更新したジェームズ・キャメロン監督の超大作「アバター」が、相次いで盗作訴訟の標的になっている。

ハリウッド・レポーター紙によれば、過去10日間で3件もの著作権侵害訴訟が持ち上がっており、原告のひとりは25億ドルもの損害賠償を求めているという。最近、無名の映画脚本家がハリウッド大作を著作権侵害だとして訴えるケースが相次いでいるが、今回の3件は2010年に「アバター」が自著の盗作であると訴えた小説家ケリー・バンと同じ運命をたどることになると、同紙は予想している。

バン氏は、03年に発表した小説「Sheila the Warrior : the Damned」が「アバター」に盗用されたと主張したものの、裁判官は抽象的なアイデアしか共通していないと、訴えを却下。原告は、弁護側の裁判費用の負担を命じられる結果となっている。

アバター」が著作権侵害訴訟の標的となりやすいのは、同作が世界で大ヒットした映画であるのに加え、ストーリー設定が普遍的であるからと見られる。

アバター〔期間限定出荷〕[Blu-ray/ブルーレイ] アバター〔期間限定出荷〕[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 世界各国で大ヒットを記録した、ジェームズ・キャメロン監督が贈るSFアクション大作!
タイタニック[DVD] タイタニック[DVD] 最安価格: - 豪華客船で出会った身分違いの男女の切なくも美しい愛を描いたジェームズ・キャメロン監督の大ヒット巨編!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi