森田芳光監督が急性肝不全、61歳で死去 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年12月21日 > 森田芳光監督が急性肝不全、61歳で死去
メニュー

森田芳光監督が急性肝不全、61歳で死去

2011年12月21日 11:26

急性肝不全のため死去した森田芳光監督「わたし出すわ」

急性肝不全のため死去した森田芳光監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 来年3月に新作「僕達急行 A列車で行こう」の公開を控える森田芳光監督が、12月20日急性肝不全で死去した。61歳だった。

森田さんは1981年、落語家とソープ嬢、女子高生の恋物語を軽やかに描いた「の・ようなもの」で劇場映画デビュー。83年、松田優作さん扮する風変わりな家庭教師が、受験生を鍛え上げる様をコミカルに、現代の家族像を皮肉を交えて描いたホームコメディ「家族ゲーム」で、芸術選奨新人賞、日本アカデミー賞優秀作品賞など多数の賞を受賞、高い評価を得た。

その後、松田さん主演、夏目漱石の「それから」(85)、吉本ばななの「キッチン」(89)、渡辺淳一失楽園」(97)など、文芸作品を映画化。刑法第三十九条をモチーフにした「39 刑法第三十九条」(99)、貴志祐介原作の「黒い家」(99)、宮部みゆき原作の「模倣犯」(02)などのミステリー作も話題を呼んだ。

近年は、「わたし出すわ」(09)、「武士の家計簿」(10)など、お金をテーマにした作品を発表していた。「わたし出すわ」は、「(ハル)」以来13年ぶりにオリジナル脚本で挑んだ。金融至上主義のむなしさをいち早く見抜き、5年以上にわたり構想を練り続けた快作だった。

また、「キッチン」のロケ地となった北海道・函館をこよなく愛し、撮影地としてたびたび訪れた。「わたし出すわ」を撮了後、「今後も函館を舞台にした作品を撮り続けたい」と笑顔で語っていただけに、早すぎる死が偲ばれる。12月4日に閉幕した函館港イルミナシオン映画祭にゲストとして登壇予定だったが、体調不良を理由に欠席し、再訪はかなわなかった。

武士の家計簿[DVD] 武士の家計簿[DVD] 最安価格: ¥1,523 刀ではなく、そろばんで、家族を守った侍がいた 森田芳光監督、堺雅人主演で贈る、<家族>の物語
家族ゲーム[DVD] 家族ゲーム[DVD] 最安価格: - 高校受験を控えた息子のために雇った、ちょっと風変わりな家庭教師が、平穏だった一家に波紋を巻き起こす。森田芳光監督が贈る新機軸のホームドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi