「ジョン・カーター」プロデューサーが語る「作品づくりはウォルトと同じ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年12月21日 > 「ジョン・カーター」プロデューサーが語る「作品づくりはウォルトと同じ」
メニュー

「ジョン・カーター」プロデューサーが語る「作品づくりはウォルトと同じ」

2011年12月21日 10:00

ピクサーに合流する前はILMで17年間を過ごし、 「ジュラシック・パーク」ほかの革新的VFXでアカデミー賞にも輝く

ピクサーに合流する前はILMで17年間を過ごし、
「ジュラシック・パーク」ほかの革新的VFXでアカデミー賞にも輝く
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ウォルト・ディズニー生誕110周年記念作品「ジョン・カーター」のプロデューサーを務めたジム・モリスに、同作がいかにして生まれたかを聞いた。

「この作品が記念作品となったことは、とても光栄です。考えてみれば、ウォルトと我々が目指す作品づくりは、観客を今まで経験したことのないような世界に連れ出して、全身で驚きを体験してもらいたい、という点で共通していますから」

同作の驚きのひとつは、舞台となる惑星“バルスーム”の荒涼とした風景のなかで、主人公の人間ジョン・カーターと、CGキャラクターのソーク族やクリーチャーが違和感なく共存していることだ。「例えば、ジョン・カーターの隣にクリーチャーが座っていても、観客が当たり前のものとして受け入れるリアルさの追求に留意しました。『すごい技術だ!』という驚きは、物語の世界に没入してもらうためには邪魔になるだけ。技術を感じさせないことが大きなチャレンジでした」

サーク族は生身の俳優が演じているが、CG処理によってほとんど原型を留めていないのも驚きだ。演じるウィレム・デフォーサマンサ・モートンといったビッグネームを、どう説得したのだろうか。「彼らがどんなことをしなければいけないのかを、正直にきちんと説明しました。竹馬に乗り、40度以上の灼熱の砂漠で演技をし、映像では姿形が別物になってしまいます、と。彼らはそれを承知して、喜んで芝居をしてくれました。デジタルキャラクターがどんどん増えている流れのなかで、生身の俳優が何をやれるのかを模索し、試す、いいチャンスだと考えてもらえたのだと思います」

最後に、プロデューサーとしてではなく、ジム・モリス個人としての作品への思いと好きなキャラクターを聞いてみた。「私は、かつて繁栄を極めたバルスームという惑星が滅びつつあるところに魅了されました。荒涼とした大地は不気味で、もの悲しいから忘れられない。ジョン・カーターを別とすれば、ウィレム・デフォーが演じるソーク族のタルス・タルカスにひかれてしまいますね。かつては繁栄した一族の頭領でしたが、今は遊牧民として生き長らえている。その無常さに心を動かされるのです」

ジョン・カーター」は、2012年4月13日から全国で公開。

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉[DVD] パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉[DVD] 最安価格: - 生命の泉を目指して繰り広げられる、ジャック・スパロウの新たな冒険!ジョニー・デップ主演。
イングリッシュ・ペイシェント[DVD] イングリッシュ・ペイシェント[DVD] 最安価格: ¥1,030 97年のアカデミー作品賞ほか、全9部門を受賞したラブロマンス大作である。サハラ砂漠を舞台に、身を焦がすような恋の情熱をロマンチックに描く。出演:ウィレム・デフォー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi