堺雅人「大変驚いている」 森田芳光監督の訃報に絶句 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年12月21日 > 堺雅人「大変驚いている」 森田芳光監督の訃報に絶句
メニュー

堺雅人「大変驚いている」 森田芳光監督の訃報に絶句

2011年12月21日 17:16

森田芳光監督の訃報を受け、絶句した堺雅人「日輪の遺産」

森田芳光監督の訃報を受け、絶句した堺雅人
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の堺雅人が12月21日、都内のホテルで行われた「第36回報知映画賞」表彰式に出席した。「武士の家計簿」「日輪の遺産」「ツレがうつになりまして。」という3本の主演作が高く評価され、2008年の助演男優賞に続き、今年は主演男優賞を受賞。「武士の家計簿」のメガホンをとった森田芳光監督の訃報に触れ「大変驚いております」と語ると、しばし絶句。そして、「現場ではある時はまるで大きな巨人のような、またある時は手のつけられないダダッ子のような方で、なかば表現者としての業のようなものを感じた。ご一緒させていただいたという気持ちを胸に、来年も現場で汗をかいていきたい」と故人を偲び、俳優としての決意を新たにした。

日輪の遺産」「ツレがうつになりまして。」では、佐々部清監督と連続タッグを組み「まったく違う作品だが、どちらも家庭的な雰囲気だった。共演させていただいた方々には、なかば嫉妬、なかば尊敬の念を抱き、恐れおののいていた。特に(『日輪の遺産』に出演する)20人の女学生の皆さんのまっすぐな眼差しに、おじさん、タジタジでした」と笑いを交え、振り返った。

表彰式には花束ゲストとして、「ツレがうつになりまして。」で共演した女優・宮崎あおいが登壇した。NHK大河ドラマ「篤姫」以来の夫婦役で共演し、息の合った夫婦像を好演。結婚5年目を迎えた売れない漫画家の妻(宮崎)とうつ病になったサラリーマンの夫(堺)が、闘病を機に夫婦の関係を見つめ直し、困難を乗り越える姿を描いた。この日も「いくら感謝してもしきれない。圧倒的な存在感で頼りになった」(堺)、「ただただうれしい。ご一緒するたびに、素敵な瞬間を味わっている」(宮崎)と互いを称えあっていた。

武士の家計簿[DVD] 武士の家計簿[DVD] 最安価格: ¥2,030 刀ではなく、そろばんで、家族を守った侍がいた 森田芳光監督、堺雅人主演で贈る、<家族>の物語
日輪の遺産 特別版 DVD[DVD] 日輪の遺産 特別版 DVD[DVD] 最安価格: ¥2,030 浅田次郎の同名小説を佐々部清監督が映画化。太平洋戦争終戦間近に祖国の復興を願い、GHQ最高司令官マッカーサーの財宝を盗み出した帝国陸軍将校たちと20名の少女たちの運命を描く。主演:堺雅人

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi