瑛太「ワイルド7」初日に“絆”の大切さ強調 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年12月21日 > 瑛太「ワイルド7」初日に“絆”の大切さ強調
メニュー

瑛太「ワイルド7」初日に“絆”の大切さ強調

2011年12月21日 15:37

過激なバイクアクションに挑戦した瑛太ら「ワイルド7」

過激なバイクアクションに挑戦した瑛太ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 望月三起也の人気コミックを実写映画化した「ワイルド7」が12月21日、東京・有楽町の丸の内ルーブルで封切られ、主演の瑛太椎名桔平丸山隆平阿部力宇梶剛士平山祐介松本実深田恭子中井貴一ら主要キャストが結集し、羽住英一郎監督らとともに舞台挨拶に立った。瑛太は女性客で埋め尽くされた会場を見渡し、「良い熱気を感じる。日本の男性にももっと見に来てほしい(笑)。旦那さんや彼氏を連れてまた見に来て」とメッセージをおくった。

極悪犯罪がはびこる日本を舞台に、元犯罪者から選ばれた超法規的武装集団「ワイルド7」が、悪を裁きながら、国家を敵に回しても愛する人々を守り抜いていく姿を描くアクション。瑛太は、「原作ファンの方々に『お前ら本当にワイルドなのか?』と突っ込まれるかと思うけど、原作を知らない人でも楽しめる、とてもかっこいいものになっている」と自信をのぞかせた。

椎名も、「撮影から半年以上が過ぎたが、いまだにその時のことがよみがえってくる。アクション映画として素晴らしいものになった。家族の絆(きずな)というのが希薄になっていると思われがちだけど、まずはそこからしっかりとつないで広げていきたい」。紅一点の深田は、「カーアクションなどは男性のためだと思っていたけれど、この映画で気持ちが変わった。今では『ワイルド7』メンバーのファン」とワイルドな男性陣に魅了されていた。

原作者の望月は、「平面(漫画)から素晴らしい立体(映画)を作ってくれた。監督がいたずらっこで、試写で見たら自分が映っていてドッキリのようだった(笑)。映画のヒットも大事だけど、できたら僕の本も買って!」と話し、笑いを誘っていた。

最後に瑛太は、今年を締めくくる一文字の“絆”について「僕自身、人とのつながりのおかげで生きてこられた。これからも日本中が力を合わせて前進していけたらいい」と抱負を述べた。「ワイルド7」の指揮官役を演じた中井も、「人は人にしか救われない。どんなにデジタル化されて便利になっても、人は絶対にひとりでは生きていけない。それを感じるだけで絆が生まれる」と熱く語った。

「それでも、生きてゆく」ディレクターズカット完全版[DVD] 「それでも、生きてゆく」ディレクターズカット完全版[DVD] 最安価格: ¥19,045 主演・瑛太×満島ひかり、音楽・辻井伸行で贈る心震えるヒューマンドラマ。悲劇を乗り越え希望を見出す家族の物語。
のだめカンタービレ DVD-BOX[DVD] のだめカンタービレ DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥18,714 強烈なキャラクターの音大生たちがクラシック音楽に真摯に向き合う姿をギャグ満載に描いたそのギャップ感が意表を突く、音楽ドラマの快作。出演:瑛太

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi