昼ドラ新作、大石静脚本でミヤコ蝶々さん生涯の描く : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年12月19日 > 昼ドラ新作、大石静脚本でミヤコ蝶々さん生涯の描く
メニュー

昼ドラ新作、大石静脚本でミヤコ蝶々さん生涯の描く

2011年12月19日 19:00

ミヤコ蝶々さんの生涯が昼ドラに「セカンドバージン」

ミヤコ蝶々さんの生涯が昼ドラに
(C)文化通信
[拡大画像]

[映画.com ニュース] フジテレビ系で新年スタートする昼の帯ドラマ「鈴子の恋」(1月5日から月~金の午後1時30分)の発表会見が12月19日、都内で行われた。東海テレビが制作しドロドロ愛憎劇でおなじみの放送枠の新作は、波乱万丈の女一大記。2000年に死去した喜劇女優・故ミヤコ蝶々さん(本名・日向鈴子)の生涯を描く。脚本は「セカンドバージン」をヒットさせた大石静が手がける。

過去にNHKの連続テレビ小説、大河ドラマの脚本も手がけてきたヒットメーカーが昼ドラには初登板。大石は「いろいろと(昼ドラについて)プロデューサーに教えていただいています。男女が結ばれるときは、雷が鳴って雨が降りますから楽しみにしてください」とニヤリ。また「(ミヤコ)蝶々さんの若い頃にはラジオすらなかったけれど人間は力強く生きていた。日本が弱っている時代に生きるパワーを伝えたい」と力を込めた。

主人公・ミヤコ蝶々さん役で宝塚歌劇団出身の映美くららが抜てきされた。大石の後押しもあって連続ドラマ初主演がかない、「女優として人として大きな喜びを感じながら撮影に励んでいます」と感慨深げ。往年の大女優を演じることに「責任を感じています」と燃え、昼ドラならではのハードスケジュールにも「まったく苦じゃありません」と話した。

共演は、浅野ゆう子片岡鶴太郎ほか。舞台上のシーンが多く、舞踊や殺陣も披露する映美が「宝塚時代の経験が生かきている」と楽しそうに話したのに対し、継母役の浅野は「三味線が大変で大変で……苦労したけれど1曲マスターするまでになりました」と笑わせていた。主題歌は松任谷由実の「恋をリリース」。(映画.com×文化通信.com)

セカンドバージン DVD-BOX[DVD] セカンドバージン DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥16,006 仕事一筋に生きてきた40代の女性と、妻のいる17歳年下の男性の切なくて危険な大人の恋愛を描くドラマ。脚本・大石静
向田邦子の恋文[DVD] 向田邦子の恋文[DVD] 最安価格: ¥5,076 アジア初のオリンピックをひかえた昭和39年、脚本家として大きく羽ばたこうとしていた向田邦子は秘めた恋をしていた…。脚本・大石静

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi