綾野剛“思い出の地”ユーロスペースで「成長した姿を見てほしい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年12月18日 > 綾野剛“思い出の地”ユーロスペースで「成長した姿を見てほしい」
メニュー

綾野剛“思い出の地”ユーロスペースで「成長した姿を見てほしい」

2011年12月18日 02:00

思い出の地での公開初日に感無量の 面持ちの綾野剛(左から2人目)「孤独な惑星」

思い出の地での公開初日に感無量の
面持ちの綾野剛(左から2人目)
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の綾野剛が12月17日、東京・渋谷のユーロスペースで公開された出演作「孤独な惑星」の舞台挨拶に登壇。共演する竹厚綾三村恭代水橋研二筒井武文監督とともに初日を迎えた。孤独を生きる現代の若者たちを描いたラブストーリー。綾野にとって、同館は初の主演作「Life ライフ」(2007/佐々木紳監督)が封切られた“思い出の地”で「本当に感謝している。ぜひ、ここで成長した姿を見てほしい」と感慨深い表情を浮かべていた。

隣人カップルの痴話げんかに悩まされる真里(竹厚)の部屋に、その隣人・哲男(綾野)が“避難”してきたことから、ふたりの奇妙な共同生活が始まる。一方、突然の哲男の失踪に恋人の亜理紗(三村)は途方に暮れる……。筒井監督が、映画美学校の“フィクション高等科コラボレーション企画”に参加し、学生と共同で2008年に撮影した。3年半越しの公開に、綾野も「時間が過ぎてもいいものはいいし、時代の変化に感化されない作品だと思う」と胸を張る。

モデルとして数多くのファッション誌で活躍する竹厚は、本作が女優デビュー作で「私にとっては思い出深い作品」。演じたヒロイン・真里とは共通点も多いといい「性格や他人との距離の取り方も含めて、自分の地で演じることができた」と振り返った。一方、“恋敵”の亜理紗を演じる三村は「かなり激しい役です」。真里と亜理紗が対じするシーンでは「あえて本番まで顔を合わさせず、『お互い、相手を負かしてください』とけしかけた」(筒井監督)という。

男性陣は「どうしようもなく、タチが悪い男で、持ち前の素直さで他人を傷つける」(綾野)、「僕も負けずとダメ人間」(水橋)と後向きのアピール。筒井監督は「僕自身はほとんど演出していないし、現場でも一番楽しんでいた。4日間の物語のなかで、それぞれがどのように感情を変化させるか。ぜひ、4人のアンサンブルに注目してほしい」と語った。

セカンドバージン DVD-BOX[DVD] セカンドバージン DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥16,006 仕事一筋に生きてきた40代の女性と、妻のいる17歳年下の男性の切なくて危険な大人の恋愛を描くドラマ。出演:綾野剛
アザミ嬢のララバイ DVD-BOX[DVD] アザミ嬢のララバイ DVD-BOX[DVD] 最安価格: - 中島みゆきの名曲「アザミ嬢のララバイ」をテーマ曲に、1話完結のオムニバス形式で贈る、ちょっと不思議な10編のラブ・ファンタジー。出演:綾野剛

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi