ジブリ、無料で電子書籍に初挑戦 宮崎吾朗がイラストを描き下ろし : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年12月15日 > ジブリ、無料で電子書籍に初挑戦 宮崎吾朗がイラストを描き下ろし
メニュー

ジブリ、無料で電子書籍に初挑戦 宮崎吾朗がイラストを描き下ろし

2011年12月15日 10:45

題字は鈴木敏夫プロデューサーが手がけた「電子ジブリぴあ」「ゲド戦記」

題字は鈴木敏夫プロデューサーが手がけた「電子ジブリぴあ」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スタジオジブリが、「ハウルの動く城」「ゲド戦記」のブルーレイ発売を記念し、初の試みとして電子書籍を手がけていることがわかった。「電子ジブリぴあ」(ぴあ発行、http://cinema.pia.co.jp/ghibli)と銘打たれ、12月15日から無料で配布される。

「電子ジブリぴあ」では、スタジオジブリのもの作りの視点や発想の起源に迫るべく、鈴木敏夫プロデューサー、宮崎吾朗監督、ドワンゴ代表取締役会長にしてジブリのプロデューサー見習いである川上量生氏による鼎談(ていだん)を掲載。「なぜ、賛否両論だったのか? 今だから話せる『ハウル』と『ゲド』のこと」をテーマに6ページにわたり展開している。

また、表紙ページの題字を鈴木プロデューサーが手がけているほか、吾朗監督は特別イラストを寄稿する充実ぶり。さらに、「ゲド戦記」や「コクリコ坂から」で主題歌を歌った手嶌葵のインタビューから、ブルーレイの制作秘話までを網羅している。そして、中高生の間で絶大な人気を誇るきゃりーぱみゅぱみゅが、ファンを代表して「私がジブリの世界を大好きな理由」を語っている。

対応端末は、PC(Windows/Mac)、スマートフォン&タブレット(iOS/Android/WindowsPhone)。ダウンロード(ファイル形式PDF)かオンラインでの閲覧が可能だ。

ハウルの動く城[Blu-ray/ブルーレイ] ハウルの動く城[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,336 観客動員数1500万人を記録した、宮崎駿監督作品。全米でも公開され、高い評価を得たアニメーション超大作!
ゲド戦記[Blu-ray/ブルーレイ] ゲド戦記[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,336 アーシュラ・K.ル=グウィンのファンタジー文学の傑作をアニメーション化した作品。スタジオジブリ20年越しの企画であり、監督は宮崎駿の長男・宮崎吾朗。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi