「マイウェイ」主題歌に世界的テノール歌手の起用が決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年12月9日 > 「マイウェイ」主題歌に世界的テノール歌手の起用が決定
メニュー

「マイウェイ」主題歌に世界的テノール歌手の起用が決定

2011年12月9日 09:00

アンドレア・ボチェッリが主題歌を担当「マイウェイ 12,000キロの真実」

アンドレア・ボチェッリが主題歌を担当
(C)2011 CJ E&M CORPORATION & SK PLANET,
ALL RIGHTS RESERVED
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「シュリ」「ブラザーフッド」のカン・ジェギュ監督が7年ぶりにメガホンをとるスペクタクル大作「マイウェイ 12,000キロの真実」(オダギリジョー、チャン・ドンゴン主演)の主題歌を、世界的テノール歌手のアンドレア・ボチェッリが担当することがわかった。

ルチアーノ・パバロッティに見出され94年にデビューしたボチェッリは、全世界アルバム総売り上げ7000万枚以上を誇り、今年9月に米国・ニューヨークのセントラルパークで開催された6万人規模のフリー・コンサートでも大きな話題に。「この映画は戦争の悲劇を描いているのではなく、すべてを失った人間が再び希望を取り戻す物語。“本当に私が伝えたいこと”を歌で表現できるのは、スケールの大きな世界的スーパースターのアンドレア・ボチェッリしかいない」とカン監督が熱望。韓国と日本の関係者が09年からアプローチを開始し、脚本、ストーリーボード、デモ音源などをもとに何度もボチェッリ側と交渉。その熱意がボチェッリの心を打ち、自ら主題歌「トゥ・ファインド・マイ・ウェイ」を歌うことを決心させたという。ボチェッリが映画の主題歌を担当するのは、キャリア初となる。

「彼が私たちの映画の内容を理解してくれて、主題歌を歌ってもらえることになって、とても興奮していますし、とても光栄に思っています。彼の主題歌によって、感動とスケールをより感じられる作品に仕上がったのではないかと思っています」というカン監督。ボチェッリは、「カン・ジェギュ監督が描こうとしたストーリーに、非常に感銘を受けました。それは、私自身の人生にもオーバーラップする部分があります。どんなに厳しい状況でも、夢や希望を持ち続けて前向きに生きていこうとする姿勢はとても大切です。この作品のために書かれた主題歌の歌詞と美しいメロディーも私の心に深く響きました」とコメントを寄せている。

マイウェイ 12,000キロの真実」は、2012年1月14日より全国公開。

ブラザーフッド プレミアム・エディション[DVD] ブラザーフッド プレミアム・エディション[DVD] 最安価格: - 朝鮮戦争の渦中に巻き込まれていくある兄弟の物語。監督:カン・ジェギュ
天体観測 searchin' for my polestar DVD-BOX[DVD] 天体観測 searchin' for my polestar DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥19,749 2002年7月2日よりフジテレビ系列にて放送された、25歳の男女8人が繰り広げる青春群像劇。出演:オダギリジョー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi