“懐妊”麻生久美子、主演最新作で初共演・大泉洋と子育て : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年12月6日 > “懐妊”麻生久美子、主演最新作で初共演・大泉洋と子育て
メニュー

“懐妊”麻生久美子、主演最新作で初共演・大泉洋と子育て

2011年12月6日 06:01

爆笑の絶えない撮影現場を 盛り上げた麻生久美子と大泉洋「グッモーエビアン!」

爆笑の絶えない撮影現場を
盛り上げた麻生久美子と大泉洋
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の麻生久美子と俳優の大泉洋が、吉川トリコの人気小説を映画化する「グッモーエビアン!」(山本透監督)で、初共演を果たすことがわかった。ふたりは、かつてパンクバンドを組んでいたという設定で、麻生は若くして娘を産んだクールでロックな未婚の母アキ、大泉はお調子者でおバカだが人一倍心優しい自由人ヤグを演じる。

麻生は11月28日、結婚4年目での第1子懐妊を発表したばかり。これまでに母親役を演じたことはあるが、「今回は実際、自分にも子どもを授かった後の撮影ということで、その時にはわからなかった新しい発見があり、特別な気持ちで臨むことができました」と話す。今作では、15歳の娘ハツキ(三吉彩花)と親子ふたりで暮らすアキに扮し、解散したパンクバンドの元ギタリストという役どころだ。大泉が演じるヤグはアキのことが昔から好きで、ハツキが産まれる前から一緒に暮らし始め、本編冒頭では2年近い海外放浪生活から戻ってくる。

ふたりへのオファーは数年前にさかのぼるが、スケジュールの都合でようやく実現したという。「大泉さんが忙しいんですよ(笑)。スケジュールが詰まっていて」(麻生)、「麻生さんが忙しいんですよ(笑)。ずれにずれていたので、麻生側がNGを出しているんじゃないだろうかと思っていました」と丁々発止のやり取りで、初共演とは思えぬほど意気投合している様子。宇田川寧プロデューサーは、ふたりの起用について「清楚なイメージのある麻生さんが、“パンクなお母さん”を演じるというギャップ感に面白みがあると思いましたし、愛すべきダメ男“ヤグ”役には大泉さんしかイメージできなかった」と述懐した。

今作は、三吉扮するハツキの視点を軸に描かれる。思春期を迎えた中学生には、実の父親ではないヤグの奔放な行動や、ヤグのいい加減な言動を笑って許してしまうアキを素直に受け入れることができない。それでも、親友の転校をきっかけに、アキの本当の気持ちやヤグの過去にあった悲しい出来事を知るようになる。

大泉は、脚本を読んで涙を流したそうで「そのときの涙がものすごく気持ちがいい涙だった。ヤグはちゃらんぽらんな感じだけどハートがあるという魅力的な役で、僕が始めて脚本を読んだときに感じた楽しさやせつなさが、皆さんにも伝われば」。麻生も同調し、「家族の話だけど血のつながりだけではなく、思いの強さや愛情がかわいらしく表現できている映画だと思います」と優しくほほ笑んだ。

同作は、11月12日にクランクイン。作品の舞台は愛知・名古屋だが、横浜市内を中心にロケが行われ、11月末に撮了した。ふたりは劇中で実際にギターを演奏しているが、劇中パートを習得するのには地道な練習が必要だったという。それでも、横浜・町のライブハウスで撮影されたライブシーンは、集まったエキストラが大興奮するほどの臨場感をみせていた。

グッモーエビアン!」は、2012年に全国で公開。

おと な り(通常版)[DVD] おと な り(通常版)[DVD] 最安価格: ¥3,926 岡田准一と麻生久美子の初共演で贈る等身大のラブストーリー!
下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。[DVD] 下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム。[DVD] 最安価格: ¥3,036 5人兄弟のとんでもない出来事を描いた青春コメディ! 脚本、演出・大泉洋

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi