リメイク版「スカーフェイス」の脚本家が決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年12月2日 > リメイク版「スカーフェイス」の脚本家が決定
メニュー

リメイク版「スカーフェイス」の脚本家が決定

2011年12月2日 11:37

脚本を担当するデビッド・エアー「スカーフェイス」

脚本を担当するデビッド・エアー
写真:Everett Collection/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ユニバーサル・ピクチャーズが企画している、新版「スカーフェイス」の脚本家に、「トレーニング・デイ」のデビッド・エアーが起用されたことがわかった。

同作は、過去に「暗黒街の顔役」(1931/ハワード・ホークス監督)と「スカーフェイス」(83/ブライアン・デ・パルマ監督)として(いずれも原題は「Scarface」)、2度映画化されたギャング映画の傑作だ。

新作は、いわゆるリメイクでも続編でもなく、「アウトサイダー(移民)がその屈折したアメリカンドリームを叶えるべく、暴力と非情な手段をもって裏社会でのし上がっていく」という既存の2作品に共通する要素を踏襲すると言われている。舞台は現代に移されるため、「暗黒街の顔役」ではポール・ムニ扮するイタリア人、「スカーフェイス」ではアル・パチーノ扮するキューバ人だった主人公トニーの設定は変更されそうだ。

詳細は明らかにされていないが、エアーは米Deadlineに対して「2作品を研究して、普遍的なテーマをいくつか見つけた」とコメント。また、「13歳のときに『スカーフェイス』を見て、衝撃を受けた。今回のプロジェクトは夢が叶ったようなものだ」と意気込みを語っている。

なお、監督、キャストは現時点では未定。

トレーニング デイ 特別版[DVD] トレーニング デイ 特別版[DVD] 最安価格: ¥927 ロス市警を舞台に2人の刑事が警察の汚職に危険を顧みず立ち向かう姿を描いたクライム・サスペンス。デビッド・エアー脚本。
スカーフェイス[DVD] スカーフェイス[DVD] 最安価格: - キューバ移民の青年がコカインの密売によって暗黒街でのし上がり、やがて自滅していくまでを壮絶なアクションの中に描き出す。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi