“親日家”トム・クルーズ、スカイツリーから被災地にエール : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年12月2日 > “親日家”トム・クルーズ、スカイツリーから被災地にエール
メニュー

“親日家”トム・クルーズ、スカイツリーから被災地にエール

2011年12月2日 05:00

スカイツリーで被災地応援メッセージを贈ったトム・クルーズ「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」

スカイツリーで被災地応援メッセージを贈ったトム・クルーズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 主演最新作「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」のプロモーションのため来日した俳優トム・クルーズが12月1日、東京・押上に建設中の東京スカイツリーを訪問していたことがわかった。親日家として知られるクルーズは、東日本大震災の被災地復興に向けた“応援メッセージ”フラッグを、東武タワースカイツリーの鈴木道明社長に届けた。

クルーズは、27時間という限られた来日時間のなかで、スカイツリー訪問をはじめとした4つの“ミッション”に挑戦。ひとつめのミッションとして、本作をイメージした“バーチャル・ドバイ”の砂漠を模したステージで会見した。東京・六本木ヒルズアリーナで行われたファン・ミーテンングでは、日本を代表するギタリストの布袋寅泰が、アレンジを担当したテーマ曲を生演奏し、1962年生まれでデビュー30周年という共通点を持つふたりが共演を果たした。

会場には、全長828メートルのブルジュ・ハリファを100分の1スケールで再現した、“ブルジュ・ハリファ”イルミネーションツリーが用意。アリーナ会場に詰めかけたファンが、828個のLED電球を取り付け、クルーズとともにツリーの点灯式に参加した。

Mr.インクレディブル」のブラッド・バード監督がメガホンをとった初の実写映画。米国極秘諜報機関のエージェントであるイーサン・ハントとそのチームは、ロシア・モスクワのクレムリン爆破事件の容疑者に仕立てあげられてしまう。米大統領は国家の関与を否定するため、「ゴースト・プロトコル」を発令。逃げ場を失ったイーサンらは、生き残りをかけドバイの超高層ビル“ブルジュ・ハリファ”に潜入し、黒幕の正体に迫る。

ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」は、12月16日から全国で公開。

M:IトリロジーBOX[Blu-ray/ブルーレイ] M:IトリロジーBOX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥6,819 トム・クルーズ主演、不可能と思えるミッションに果敢に挑んでいくエージェント達の姿を、1作品ごとに独立したストーリーとアプローチで描いたスパイ・アクション大作。
トップガン スペシャル・コレクターズ・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] トップガン スペシャル・コレクターズ・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 米海軍航空基地のエリート集団“トップガン”に選ばれた訓練生が、友人の死や困難を乗り越えて成長していく姿を描く。トム・クルーズ出演。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi