“紅一点”深田恭子「皆さんワイルド」と模範解答 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年11月28日 > “紅一点”深田恭子「皆さんワイルド」と模範解答
メニュー

“紅一点”深田恭子「皆さんワイルド」と模範解答

2011年11月28日 20:08

深紅のドレス姿で華を添えた深田恭子「ワイルド7」

深紅のドレス姿で華を添えた深田恭子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アクション大作「ワイルド7」のジャパンプレミアが11月28日、都内で行われ、主演を務める瑛太をはじめ、椎名桔平丸山隆平阿部力宇梶剛士平山祐介松本実がバイクにまたがって登場。ワイルド7の面々が勢ぞろいするなか、“紅一点”で登壇した女優の深田恭子は「誰が一番ワイルドだと思うか?」の質問に、言葉を詰まらせながら「どの方もワイルドだと思います」と模範解答でかわしていた。

70年代に一世を風びした望月三起也の同名コミックを「海猿」シリーズの羽住英一郎監督が実写映画化。犯罪者として暗い過去をもつ7人の白バイ警官(通称ワイルド7)が、超法規的に悪を裁く活躍を描いたアクション大作だ。

撮影を前に東日本大震災が発生し「それでも日本中を元気づけるために、この映画を完成させようと言ったプロデューサーの言葉を肝に銘じた」(瑛太)。本格的なアクションに初挑戦し、「バイクや銃に囲まれた環境。男子ですし、鉄が好きなんで……。楽しい撮影でした」と述懐すると、椎名ら他キャストは大爆笑だ。その椎名は、「ふつう自分の出演作を見ると反省点ばかりに目がいってしまうが、今回は純粋にお客さんとして楽しめた」と自画自賛。アイドルグループ「関ジャニ∞」のメンバーでもある丸山は、本作が映画初出演で「大きなスクリーンに映ると、自分じゃない感覚。かっこ良く撮っていただき、ありがとうございます」と羽住監督に感謝を述べた。

「本編を見ているうちに、どんどん心拍数が上がった」(阿部)、「監督には死なない程度に追い込まれた」(宇梶)、「宇梶先輩が目障りだった(笑)」(平山)、「改造費に数100万かけたバイクを倒してしまった」(松山)と各メンバーも感想や舞台裏を明かし、羽住監督は「テンションが上がる作品に仕上がった」と胸を張った。

ワイルド7」は12月21日から全国で公開。

セカンドバージン DVD-BOX[DVD] セカンドバージン DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥16,006 仕事一筋に生きてきた40代の女性と、妻のいる17歳年下の男性の切なくて危険な大人の恋愛を描くドラマ。深田恭子出演。
「それでも、生きてゆく」ディレクターズカット完全版[DVD] 「それでも、生きてゆく」ディレクターズカット完全版[DVD] 最安価格: ¥19,045 悲劇を背負った男女とその家族が明日への希望を見出す姿を綴った、瑛太、満島ひかり主演によるドラマのBOX。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi