ジョージ・クルーニー、自殺も考えた過去を告白 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年11月16日 > ジョージ・クルーニー、自殺も考えた過去を告白
メニュー

ジョージ・クルーニー、自殺も考えた過去を告白

2011年11月16日 15:24

苦しんだ過去を告白したクルーニー「シリアナ」

苦しんだ過去を告白したクルーニー
写真:Rex Features/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 監督・俳優として活躍するジョージ・クルーニーが、米ローリング・ストーン誌のインタビューで、ショッキングな過去のエピソードを告白した。

クルーニーは2005年、アカデミー賞助演男優賞を受賞した政治サスペンス「シリアナ」(スティーブン・ギャガン監督)の撮影中に、脊髄を損傷する大ケガを負った。あまりにも痛みが激しく、歩くことも困難な状況に悲観して、自殺が頭をよぎったという。「病院のベッドで、点滴を受けながら横になっていた。動くこともできず、脳梗塞のようなひどい頭痛がした3週間くらいの間に、なにかもっと思い切った手段にでる必要があるかもしれないと考え始めたんだ」

遺された人たちに迷惑をかけたくなかったクルーニーは、ガレージの車の中で命を絶つことを考えたそうだ。「それが最善の方法に思えた。でも、実際に自分がそこまでやるとは考えていなかった。それは、自分(の演じるキャラクター)がどうやって生き残るかを模索していたからだ」。その後、苦痛を軽減させるためにアルコールに頼るようになったが、手術が成功し、今ではときどき頭痛がするだけの状態まで回復したと明かしている。

クルーニーは、11月16日に米公開されたアレクサンダー・ペイン監督による主演作「ザ・ディセンダンツ(原題)」が批評家に好評で、同作はアカデミー賞ノミネートが期待されている。

シリアナ[Blu-ray/ブルーレイ] シリアナ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,071 ジョージ・クルーニーがアカデミー助演男優賞獲得した石油利権をめぐる地球規模の欲望と陰謀を暴いた全米激震の社会派サスペンス。
ファンタスティックMr.FOX[DVD] ファンタスティックMr.FOX[DVD] 最安価格: - ファンタスティックに生きたい父さん狐のMr.FOXとその仲間たちが、意地悪な人間たちに戦いを挑む。ジョージ・クルーニー出演。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi