聰亙改め石井岳龍監督「生まれ変わったつもりで映画に向かいたい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年11月16日 > 聰亙改め石井岳龍監督「生まれ変わったつもりで映画に向かいたい」
メニュー

聰亙改め石井岳龍監督「生まれ変わったつもりで映画に向かいたい」

2011年11月16日 19:47

石井岳龍監督最新作は染谷将太が主演「生きてるものはいないのか」

石井岳龍監督最新作は染谷将太が主演
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 石井聰亙改め石井岳龍監督の最新作「生きてるものはいないのか」の完成披露試写会が11月16日、都内で行われ、主演の染谷将太と石井監督が舞台挨拶に立った。「五条霊戦記」以来、約11年4カ月ぶりに長編メガホンをとった石井監督は「勝手に(名前を)変えて申し訳ない。前は、半分以上は漢字を間違われたので、心機一転したかった。30年以上“聰亙”としてやってきたが、また生まれ変わったつもりで映画に向かいたい」と改名の理由を明かした。

岸田戯曲賞受賞の劇作家・前田司郎の不条理劇を映画化。病院に併設された大学のキャンパスを舞台に、三角関係の学生たちと喫茶店員、病室を抜け出した少女、妹を探す怪しい男などワケありの人々が、突然の“最期”を迎えていく姿をシュールに描く。

園子温監督の「ヒミズ」で第68回ベネチア国際映画祭の最優秀新人賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞し、国際的な注目を集めた染谷。石井監督の第一印象は「怖いイメージがあったけど、リハーサルで初めてお会いして静かな方だなと思った。分かりやすく少ない言葉で的確な指示をくれ、基本的には役者にまかせてくれる」と全幅の信頼を寄せた。

また、「ものすごく分厚い台本を渡されて、これは試練なんだなと思いながら、言葉にしづらい不気味な面白さに引きつけられた。ここまでの会話劇は初めてだったので、それが不安であり逆に楽しみでもあった」と述懐。喫茶店員役を演じるにあたり、「どうしたら監督の要求に応えられるんだろうと、とりあえず喫茶店で1日バイトした。そのおかげでスムースに撮影できた」と役づくりにもぬかりがない。

石井監督は、染谷を「『パンドラの匣』で初めて知った。久々にスクリーン映えのする、アップになって力のある男優さんが出てきたなと。その時からぜひ一緒に仕事したいと思っていた」と絶賛。さらに「好きなもの、面白いものが作りづらい映画界だけど、これを成功させてもっと意欲的な作品を作りたい」と決意を新たにした。

生きてるものはいないのか」は、12年2月18日から公開。

石井聰亙作品集 DVD-BOX II ~PSYCHEDELIC YEARS~[DVD] 石井聰亙作品集 DVD-BOX II ~PSYCHEDELIC YEARS~[DVD] 最安価格: ¥10,282 斬新で前衛的な作品を撮り続けてきた石井聰亙監督作品を収録したBOX第2弾。
私立探偵 濱マイク 8 石井聰亙監督「時よとまれ、君は美しい」[DVD] 私立探偵 濱マイク 8 石井聰亙監督「時よとまれ、君は美しい」[DVD] 最安価格: - 映画館横浜日劇に事務所を置く私立探偵、濱マイクが関わる事件を、各話異なる監督により描く。石井聰亙監督作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi