山田洋次監督、延期になった「東京家族」は来年3月に撮影開始の意向 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年11月16日 > 山田洋次監督、延期になった「東京家族」は来年3月に撮影開始の意向
メニュー

山田洋次監督、延期になった「東京家族」は来年3月に撮影開始の意向

2011年11月16日 16:16

小津安二郎の名作映画を舞台化「東京物語」

小津安二郎の名作映画を舞台化
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 山田洋次監督が11月16日、脚本・演出を手がける初春新派公演「東京物語」の成功祈願イベントに出席し、水谷八重子波乃久里子ら出演者を率いて、東京・柴又の帝釈天参道を練り歩いた。山田監督が、監督生活50周年を迎える記念作品として、2010年初春新派公演の「麥秋(ばくしゅう))」に続き、小津安二郎の名作映画を舞台化。「もともと小津さんの作品は、なじみのメンバーがそろったチームワークで知られている。前回の経験で、新派の魅力もまたチームワークなのだと理解できたし、今回もまた小津作品でご一緒できるのは光栄。何とか第一稿が完成したので、これからの稽古も楽しみです」と抱負を語った。

昭和28年の夏。久しぶりに東京に出てきた老夫婦が子どもたちの家を訪ねるが、それぞれの生活で精一杯で歓迎されない。そんななか、戦死した次男の未亡人だけが親身になってくれる。今回の舞台化にあたり、山田監督の意向で「寅さん」の柴又に隣接する葛飾区金町が舞台に選ばれた。「原作は荒川区だが、僕にとって、なじみがあるのは江戸川沿い。昭和28年頃、柴又は田んぼや畑が多かったが、金町あたりは住宅街で、長男がつましく医院を営む設定にも納得がいく場所」(山田監督)。また、大掛かりなセット転換はせずに、長男宅でのみ物語が展開するといい「制約を逆に面白がるのが戯曲の魅力。苦労と楽しみを味わいたい」と語った。

映画監督生活50周年を記念し、映画と演劇それぞれの形で、小津監督の「東京物語」にオマージュを捧げる新作に取り組んでいる山田監督。しかし、映画最新作となるはずだった「東京家族」は東日本大震災の発生を受けて、物理的事情と山田監督の意向によって、撮影が延期されている状態だ。この日、山田監督は「舞台が終わった後、改めて準備を進め、来年3月から撮影を開始したい」という意向を示した。

初春新派公演「東京物語」は2012年1月2日から1月24日まで、東京・日本橋の三越劇場で上演される。

東京物語[DVD] 東京物語[DVD] 最安価格: - 津安二郎監督が、戦後変わりつつある家族の関係をテーマに人間の生と死までをも見つめた深淵なドラマ。
幸福の黄色いハンカチ デジタルリマスター[Blu-ray/ブルーレイ] 幸福の黄色いハンカチ デジタルリマスター[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 北海道を舞台に、刑期を終え刑務所から出てきたばかりの男が、偶然出会った若い男女とともに愛する妻の元へ向かうまでを描いた、巨匠山田洋次監督が贈る感動のロード・ムービー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi