J・オルーク、映画監督になりたかったと告白 「海炭市叙景」トークイベント : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年11月12日 > J・オルーク、映画監督になりたかったと告白 「海炭市叙景」トークイベント
メニュー

J・オルーク、映画監督になりたかったと告白 「海炭市叙景」トークイベント

2011年11月12日 19:41

トークイベントを行ったジム・オルークと熊切和嘉監督「海炭市叙景」

トークイベントを行ったジム・オルークと熊切和嘉監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 北海道・函館出身の作家、佐藤泰志さんの遺作を映画化し2010年12月に公開された「海炭市叙景」のDVD&ブルーレイ発売を記念し、熊切和嘉監督と音楽を担当したジム・オルークによるトークイベントが、11月12日に東京・オーディトリウム渋谷で行われた。

18編で構成された小説のなかから5つの物語を抽出し、バブル崩壊後の不況に苦しむ北国の地方都市で、ささやかながらも必死に生きる人々の姿を描く。加瀬亮谷村美月竹原ピストル南果歩小林薫ら実力派が、市井の人々を丁寧に演じている。多くの函館市民が、製作費捻出のために大規模な募金活動を行ったほか、劇中にもオーディションで選ばれた市民が数多く参加している。

ソニック・ユース」などのバンドに在籍経験があり、実験的な作風の音楽家として世界的に多くのファンを持つオルークは、映画通としても知られており、若松孝二監督の作品に影響を受けたことなどの経緯から、現在日本で暮らしている。映画への情熱は「6歳のクリスマスに8ミリカメラが欲しかったけれど、家が貧しかったので3000円くらいのアコースティックギターをもらったんです。それで音楽家になったのです。もし映画監督になれるチャンスがあったら楽器を捨てます(笑)」と話すほどだ。

これまでも数々の映画音楽を担当しているが「悲しいシーンに悲しい音楽を付けたりするのはつまらない。映画そのものが大事で、映画の音楽には興味がない」と持論を述べる。本作でも、主張しすぎることのない、本編に寄り添った美しい楽曲を提供している。

熊切監督は、作品後半に路面電車で登場人物たちが会する印象的なシーンの音楽に、「チェロを使ってほしいとリクエストしたら、『チェロを使うことは哲学的な問題があります』と、メールの返事がきたんです」というエピソードを披露。オルークは「チェロをつかうと高尚なイメージを避けられないので、自分で演奏しました」と音へのこだわりを明かし、観客を驚かせた。

そんなオルークの楽曲を、編集時に映像に乗せた時の感想を熊切監督は「勝手にYouTubeに上げたいくらいいいシーンだった」と絶賛。「ぜひ次回作でもお願いしたいと思っています」とラブコールを送ると、オルークは「それではディスコ音楽を準備しておきます(笑)」と冗談めかして答えていた。

海炭市叙景」特典映像付きDVDボックス(6090円)、ブルーレイボックス(7140円)、本編のみのDVD(3990円)、ブルーレイ(5040円)通常版ともに発売中。

海炭市叙景 Blu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ] 海炭市叙景 Blu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,141 熊切和嘉監督が、未完の連作短編集を原作に生み出したヒューマンドラマ。函館市をモデルにた海炭市に生きる人々の切ない人間模様をオムニバスタッチで綴る。
ノン子36歳(家事手伝い)[DVD] ノン子36歳(家事手伝い)[DVD] 最安価格: ¥3,926 最後にしたの、いつだっけ? その内容が話題を呼びロングラン上映となった、ダメダメ三十路オンナの青春恋愛映画。熊切和嘉監督作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi