渡哲也&渡瀬恒彦、40年ぶり兄弟共演「おそらくこれが最後」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年11月10日 > 渡哲也&渡瀬恒彦、40年ぶり兄弟共演「おそらくこれが最後」
メニュー

渡哲也&渡瀬恒彦、40年ぶり兄弟共演「おそらくこれが最後」

2011年11月10日 06:01

40年ぶりの兄弟共演!「帰郷」

40年ぶりの兄弟共演!
(C)文化通信
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の渡哲也渡瀬恒彦兄弟がTBS系の年末ドラマスペシャル「帰郷」(12月23日午後9時)にダブル主演し、約40年ぶりに共演を果たすことがわかった。11月9日、都内で収録後にそろって会見し、がっちり握手。渡は「共演はおそらくこれが最後になる」、渡瀬も「次はなかなか難しいでしょう」と今作への決意を語った。

2人の共演は、1971年から72年にかけてNHKで放送された「あまくちからくち」以来になる。その後の共演オファーはすべて断ってきたという。渡は「兄弟でやるのが照れくさかったんです」と苦笑い。40年を経て兄が69歳、弟が67歳になり、日本を代表する役者として向き合う日がついに来た。渡瀬は「2人とも時間がそうない。オファーがあるうちにやっておかないと」と冗談めかせた。

渡が「弟は僕を追って業界に入ったけれど、正直いまいちパッとせず心配していた。今では味のある良い俳優になりました」と偉ぶれば、すかさず渡瀬が「アニキ“程度”の芝居しかできないのなら、僕はこの世界から消えていましたよ」と言い返す仲の良さ。カメラがまわると兄弟は関係ないと強調しながらも、渡は「他の人と違ってすぐに相談できるのがいい」、渡瀬は「やっぱりすごく変な感じ」と笑顔を見せていた。

ドラマ「帰郷」は、東京の下町を舞台に、長きにわたり絶縁状態にあった医者兄弟と2人を取り巻く家族らの心の再生を描く。渡と渡瀬が劇中でも兄弟役で、富司純子古手川祐子内田有紀大竹しのぶ柄本明らが共演。今年最大のビッグ共演で年末を締めくくる。(映画.com×文化通信.com)

南極物語[DVD] 南極物語[DVD] 最安価格: ¥4,010 2匹の犬、タロとジロの実話に基づき、南極を舞台にカラフト犬の生存を賭けた闘いを描く感動作。渡瀬恒彦出演。
連続テレビ小説 おしん 総集編[DVD] 連続テレビ小説 おしん 総集編[DVD] 最安価格: ¥6,348 平均視聴率52.6%、最高視聴率62.9%という驚異の記録を持つ感動ドラマの総集編。渡瀬恒彦出演。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi