小林啓一監督、長編デビュー作が作品賞受賞に感激 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年11月8日 > 小林啓一監督、長編デビュー作が作品賞受賞に感激
メニュー

小林啓一監督、長編デビュー作が作品賞受賞に感激

2011年11月8日 20:16

「ももいろそらを」小林啓一監督とキャスト陣「ももいろそらを」

「ももいろそらを」小林啓一監督とキャスト陣
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 気鋭の映画監督・小林啓一が11月8日、長編デビュー作「ももいろそらを」が第24回東京国際映画祭(10月22~30日)日本映画・ある視点部門作品賞を受賞したことを記念し、東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見した。今作は、「“女子高生”という日本のポップカルチャーが、世界でどう受け入れられるか楽しみ」という理由で、日本のインディペンデント作品を育てるため設立された同部門で受賞。小林監督は、「力を込めて一生懸命つくった。『信じれば誰かが必ず見てくれる』と信じてやってきて本当によかった」と感慨もひとしおだった。

「“今”はすぐに過去になってしまうので、それを表現するためにモノクロにした。見方を変えれば世界は違って見えることを表現したかった」ため、全編モノクローム映像で製作された。大金を拾った女子高生と友人が巻き起こすアクシデントを通して、現代に生きる若者の瑞々しい表情を描く。

「あえて大人を出さずに、女子高生を追いかけていれば面白いことが起こるということを描いた」という本作は、現役高校生の池田愛小篠恵奈藤原令子高山翼ら若手俳優の視点から、等身大の高校生の日常を映し出した。池田演じる主人公いづみの人物像は、小林監督の理想の女性を落とし込み“粋な女の子”を表現。「緊張したけれどいい経験になった」という池田は、「いづみは口調もふだんの自分とは違っていたけれど、性格や生活を監督と話し合ってなりきった」と述懐した。

ミュージックビデオ、テレビCMなどでキャリアを築いてきた小林監督は、「派手な世界だけれど、(クライアントの存在があるので)あまり自分のやりたいことができないんです」と吐露。これまでの映像製作にフラストレーションを感じていたことを明かし、「この作品は自分の一番好きな形です」と自信をのぞかせた。

東日本大震災の影響で一時は開催が危ぶまれたが、「映画の持つ力を通して広く伝えるべき」(依田巽チェアマン)という思いから開催された同映画祭には、75カ国以上から975作品が寄せられた。「フランス映画「最強のふたり」が最高賞となる東京サクラグランプリ、役所広司小栗旬が初共演した「キツツキと雨」が審査員特別賞、「プレイ」のリューベン・オストルンド監督が最優秀監督賞、「ガザを飛ぶブタ」が観客賞を受賞した。

小公女セイラ DVD-BOX[DVD] 小公女セイラ DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥19,276 大金持ちの娘からに、一夜にして一文無しの使用人になってしまった過酷な運命に立ち向かう少女セイラの姿を描く。池田愛出演。
IS(アイエス)~男でも女でもない性~ DVD-BOX[DVD] IS(アイエス)~男でも女でもない性~ DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥16,416 「IS」として生まれた主人公とその家族の愛と絆を描く。藤原令子出演。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi