生田斗真、ゴンドラに乗って登場も「こっぱずかしい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年11月7日 > 生田斗真、ゴンドラに乗って登場も「こっぱずかしい」
メニュー

生田斗真、ゴンドラに乗って登場も「こっぱずかしい」

2011年11月7日 20:20

生田斗真と共演する田中麗奈と窪塚洋介「源氏物語 千年の謎」

生田斗真と共演する田中麗奈と窪塚洋介
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の生田斗真が11月7日、都内で行われた主演作「源氏物語 千年の謎」の完成披露試写会に出席した。同作で絶世の美男子・光源氏を演じた生田は、雲をかたどったゴンドラに乗り神々しくステージに登場。共演する中谷美紀や事務所の先輩である東山紀之、会場に駆けつけたファン約1000人の視線を一身に浴び、「こっぱずかしい」とほほを赤らめた。

平安王朝時代を舞台に、時の権力者・藤原道長(東山)に命じられ、女流作家・紫式部(中谷)は絶世の美少年・光源氏(生田)を主人公にした恋愛絵巻「源氏物語」を執筆するが……。今もなお読み継がれる古典文学誕生の裏にうごめく愛憎劇が、“紫式部が生きる現実世界”と“光源氏が生きる物語世界”の二重構造でサスペンスフルに描かれる。

生田は「日本でしか作れない日本映画。この作品に参加でき、日本人として誇りに感じるし、日本は美しい国だと改めて実感する」。そして先日、第一子が生まれたばかりの東山に対し「この場を借りて、おめでとうございます」と祝福のメッセージ。一方の東山は、「雲の上の人にそう言ってもらえるなんて(笑)。僕もいつか雲に乗って、上から降りてきたい」と照れ笑いを浮かべた。

稀代のプレイボーイとしても知られる光源氏役に、生田は「この作品できっと皆さんのイメージが覆るはず。なぜ、こんなにも多くの女性を愛さなければいけなかったのか。光源氏の痛みや苦しみ、悲しみが表現されている」とアピール。紫式部を演じた中谷は「大変美しく官能的で、悲しい愛の物語が生まれました。こんな美しい物語を紡いだ紫式部に、改めて敬意を表したい」と感無量の面持ちだった。舞台挨拶には真木よう子多部未華子芦名星田中麗奈窪塚洋介鶴橋康夫監督も登壇した。

源氏物語 千年の謎」は12月10日から全国で公開。

魔王[DVD] 魔王[DVD] 最安価格: ¥14,150 弟を殺した犯人への復讐を企てた若き天才弁護士と、彼を追う刑事の攻防を描く。生田斗真出演。
アキハバラ@DEEP ディレクターズカット DVD-BOX[DVD] アキハバラ@DEEP ディレクターズカット DVD-BOX[DVD] 最安価格: - 電脳とオタクの街“アキバ”を舞台に繰り広げられる、アキバ系青春冒険活劇!生田斗真出演。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi