東山紀之、第一子は「耳が僕に似ている」 名前は「ゆっくり考える」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年11月7日 > 東山紀之、第一子は「耳が僕に似ている」 名前は「ゆっくり考える」
メニュー

東山紀之、第一子は「耳が僕に似ている」 名前は「ゆっくり考える」

2011年11月7日 17:43

「源氏物語 千年の謎」の完成会見に出席した(左から) 芦名星、多部未華子、真木よう子、中谷美紀「源氏物語 千年の謎」

「源氏物語 千年の謎」の完成会見に出席した(左から)
芦名星、多部未華子、真木よう子、中谷美紀
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の東山紀之が11月7日、都内で行われた出演作「源氏物語 千年の謎」の完成報告会見に出席した。妻で女優の木村佳乃との間に、第一子となる女児が誕生したばかり。出産にも立会い、「分娩室に入って2時間くらいの安産だった。かつてない感動を味わうことができたが、本当に想像以上にちっちゃかった」と述懐。特に耳が自分に似ているといい、「こんなに大事に手にしたものは初めて。名前はまだ。候補がいくつかあるので、ゆっくり考えたい」と喜びをかみしめた。

木村は母乳を飲ませ始めているといい、東山自身もすでに“おむつ替え”を経験し「子育ては共同作業」と積極的に子育てに参加する決意だ。今回の出産を機に「改めて女性は神々しいと思った。今回の『源氏物語』もそうですけど、女性のパワーたるや、すごいものがある」。将来について「子どもには間違いないが、個人を尊重し、ひとりのレディとして(娘と)付き合いたい」と理想の親子像を語った。

会見には東山をはじめ、主演の生田斗真中谷美紀真木よう子多部未華子芦名星田中麗奈窪塚洋介鶴橋康夫監督が出席。生田が演じる光源氏は、かつて東山も演じているが「過去の映像を見てしまうと、プレッシャーになってしまうので、あえて何も見なかった」(生田)。東山は「僕を見ても勉強にならないってこと(笑)? でも、斗真が演じた光源氏はとてもいやらしくて、フェロモンも強い。うちの事務所で演じられるのは、彼しかない」と太鼓判。女優陣からも「美しい瞳のなかに、悲しみをたたえている」(中谷)、「とにかくカッコいい」(真木)、「とても美しい方」(多部)と絶賛の嵐で、生田も「大満足です」と笑顔を見せた。

平安王朝時代を舞台に、時の権力者・藤原道長(東山)に命じられ、女流作家・紫式部(中谷)は絶世の美少年・光源氏(生田)を主人公にした「源氏物語」を執筆する。“紫式部が生きる現実”と“光源氏が生きる架空”の二重世界が交差するなか、愛と欲望がうずまく「源氏物語」誕生に秘められた1000年越しの“謎”をミステリータッチで描く。

源氏物語 千年の謎」は12月10日から全国で公開。

地球ゴージャスプロデュース公演 Vol.10 星の大地に降る涙[DVD] 地球ゴージャスプロデュース公演 Vol.10 星の大地に降る涙[DVD] 最安価格: ¥3,140 岸谷五朗&寺脇康文の企画ユニット、地球ゴージャスの第10回公演。木村佳乃出演。
必殺仕事人 2007[DVD] 必殺仕事人 2007[DVD] 最安価格: ¥3,201 気時代劇「必殺!」シリーズを、主要キャストを一新し15年ぶりにドラマ化。東山紀之出演。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi