仲里依紗、「ハラコレ」石井裕也監督“珍演出”を暴露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年11月5日 > 仲里依紗、「ハラコレ」石井裕也監督“珍演出”を暴露
メニュー

仲里依紗、「ハラコレ」石井裕也監督“珍演出”を暴露

2011年11月5日 17:22

仲里依紗ほか全員が石井監督の珍演出を暴露「ハラがコレなんで」

仲里依紗ほか全員が石井監督の珍演出を暴露
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 石井裕也監督の最新作「ハラがコレなんで」が11月5日、全国12スクリーンで公開され、主演の仲里依紗中村蒼石橋凌稲川実代子竹内都子、石井監督が東京・渋谷シネクイントで舞台挨拶に立った。

家なし金なしの状態で臨月を迎えてしまった妊婦・光子(仲)が、それでも「粋に生きる」をモットーに生まれ育った長屋に暮らす“残念”な住民を救おうと奮闘するヒューマンコメディ。妊婦役に体当たりでぶつかった仲は、「やっと産み落とすことができてうれしい」と感無量の面持ち。自身が演じた光子について「本来、周りから心配される立場なのに、それを感じさせない格好良さがあって、ぜひ見習いたい。ちょっとありがた迷惑な部分もありますけどね」と語った。

石井監督とは初タッグで「現場ではだいぶいろいろ言われました(笑)。『なんかこう宇宙みたいに』とか『マイケル・ジャクソンみたいにテーブルをふいて』って……」と珍演出を暴露。共演者も「一点を見つめる角度とか、数秒の間(ま)とか細かいこだわりがあった」(中村)、「鯛を放り投げるシーンでは、頭とシッポの位置にずっとこだわっていた」(稲川)、「腹筋を使わないでしゃべってほしいと言われた」(竹内)とディテールを意識する石井演出を述懐した。

一方、石橋は「本当に28歳なの? 年齢詐称しているんじゃないかってくらい人間的に成熟しているし、自分なりの哲学をもっている。今の時代にめずらしい」と絶賛。当の石井監督は、「“粋”といっても別に難しいことじゃなく、シンプルで感覚的なことを映画にした。自由な感覚で解釈してもらえれば幸い」。仲らの暴露には「皆さんのほうが、だいぶ変わっている。俳優さんの生き生きしたエネルギーを撮影したかったし、細々したことを言ったつもりはないんですけど。マイケル・ジャクソン? なんでそんなこと言ったのか自分でも……」と弁明していた。

時をかける少女(完全生産限定版)[DVD] 時をかける少女(完全生産限定版)[DVD] 最安価格: - 朽の名作『時をかける少女』のその後の物語を描いた実写映画。仲里依紗主演。
ヤンキー君とメガネちゃん DVD-BOX[DVD] ヤンキー君とメガネちゃん DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥9,234 累計350万部突破! 大人気コミック原作「ヤンキー君とメガネちゃん」が成宮寛貴×仲里依紗でドラマ化!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi