「陰謀の代償」チャニング・テイタムのインタビュー映像を入手 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年11月1日 > 「陰謀の代償」チャニング・テイタムのインタビュー映像を入手
メニュー

「陰謀の代償」チャニング・テイタムのインタビュー映像を入手

2011年11月1日 13:26

チャニング・テイタム扮する新任警官ジョナサン(左)「陰謀の代償 N.Y.コンフィデンシャル」

チャニング・テイタム扮する新任警官ジョナサン(左)
(C)2010 SONOPRODUCTIONS, INC.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] クライム・サスペンス「陰謀の代償 N.Y.コンフィデンシャル」で、名優アル・パチーノと初共演を果たしたチャニング・テイタム(「G.I.ジョー」)が、作品がかもし出すリアルなトーンの秘密を語るインタビュー映像を映画.comが入手した。

少年時代に犯した罪にとらわれ続ける新任警官ジョナサンを演じたテイタムは、ケイティ・ホームズ扮する献身的な妻ケリーとの関係について「監督が僕らに期待したのは、“理想の夫婦”ではなかったと思う」と語る。そして、「監督は理想を信じていないのかもしれないね」と言うディート・モンティエルとのタッグは、今作で早くも3本目。もはや“盟友”ともいっていい関係だ。

テイタムは、「不思議なことにジョナサンは、結末に至るまでほとんど成長しない」と続ける。殉職した父の相棒(アル・パチーノ)によって犯した罪は隠ぺいされ、ジョナサンは罪を償わないまま成長する。そして17年近く経ってから、ナゾの告発者の登場と、それを阻止しようとする上司(レイ・リオッタ)の執ような要請により、再びその罪に向き合わざるを得なくなる。

テイタムは、ジョナサンが迎える結末を「映画の結末でようやく小さな一歩を踏み出す。でもそれは成功を収めるわけじゃない。ただ自分を知ろうとし、家庭を修復しようとするだけだ」と言及。さらに「この映画は、すべてがグレーで善悪がはっきりしない。『そうか!』と思う瞬間がない。それはリアルの人生と同様なのかもしれないね」と語っている。

陰謀の代償 N.Y.コンフィデンシャル」ブルーレイ&DVDは、11月12日発売。

陰謀の代償 N.Y.コンフィデンシャル[Blu-ray/ブルーレイ] 陰謀の代償 N.Y.コンフィデンシャル[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,538 アル・パチーノ、チャニング・テイタムほか豪華キャストで贈るクライム・サスペンス・アクション!警察の腐敗を暴く骨太のテーマと先の読めないストーリー展開から、最後まで目が離せない。
G.I.ジョー[DVD] G.I.ジョー[DVD] 最安価格: - チャニング・テイタム主演、人気フィギュア・シリーズから派生したテレビアニメをベースにしたアクション大作!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi