横浜聡子監督、脚本執筆中に震災発生し「無力さ感じた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年11月1日 > 横浜聡子監督、脚本執筆中に震災発生し「無力さ感じた」
メニュー

横浜聡子監督、脚本執筆中に震災発生し「無力さ感じた」

2011年11月1日 17:38

3年ぶりの新作について語った横浜聡子監督「真夜中」

3年ぶりの新作について語った横浜聡子監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ウルトラミラクルラブストーリー」など個性的な作品で知られる気鋭の女性監督・横浜聡子が10月31日、東京・銀座のignition garallyで劇場未公開作「真夜中からとびうつれ」「おばあちゃん女の子」についてトークショーを行った。

短編作「真夜中からとびうつれ」は、季刊雑誌「真夜中」(リトルモア刊)の映画特集の連動企画としてスタート。“横浜聡子にしか撮れない女の子像”というテーマに挑んだ。東日本大震災発生時に脚本を執筆していたという横浜監督は、「ライフラインにかかわっていない仕事の無力さを感じて、そもそも『なんで映画をつくるんだろう』と自分なりにいろいろ考えるきっかけにもなりました」と語った。

同作は、「近くにいそうでいない感じ。良い意味でのリアリティのなさが気になっていた」という多部未華子をはじめ宇野祥平鈴木晋介戌井昭人渡辺謙作らを起用。リヤカーに積んだ箱型映写機で、子どもたちに映画を見せるインドの男性を追ったテレビ番組からインスピレーションを受けたそうで、箱型映写機を軸に“映画”が生まれる瞬間を捉えた。

一方の「おばあちゃん女の子」は、アパートで暮らす夫婦の1日から“夫婦の愛”を描く。「なぜ結婚するんだろう」という疑問を抱いていたそうで、「自分にはわからないものに挑戦したい」という意識から製作に臨んだ。「他人の男女がずっと一緒にいるってすごい。(相手のことを)想像して過ごすことが人を成長させるのかなあとも思うし、相容れないものを受け入れようとする滑稽さみたいなものが愛らしい」と持論を展開した。

妻役は長編第1弾「ジャーマン+雨」の野嵜好美、夫役は同時上映「真夜中からとびうつれ」の宇野が演じた。「なんでもない夫婦の一日だけど、“日常がはらむ狂気”のようなものが描きたかった」と明かし、“ごく普通の夫婦”に扮した野嵜、宇野の存在感を「良い意味で尋常じゃない感じになる。シナリオを書いているときには想像できないものを見せてくれる。ふたりともふだんとても穏やかだけど、どこかに狂気のようなものを持っているんです」と絶賛した。

真夜中からとびうつれ」「おばあちゃん女の子」は、11月5~18日に東京・渋谷のユーロスペースで上映。

ウルトラミラクルラブストーリー[DVD] ウルトラミラクルラブストーリー[DVD] 最安価格: ¥3,966 松山ケンイチが新進気鋭の女性監督・横浜聡子とタッグを組み、彼らの故郷である青森県で全編ロケを敢行した恋愛映画。聞き取れないほど強烈な津軽弁が独特の笑いを生む。
ジャーマン+雨[DVD] ジャーマン+雨[DVD] 最安価格: ¥3,140 自主映画界の気鋭、横浜聡子監督の初劇場公開作。型破りな16歳の少女と周りの人々との出来事をパワフルに描き出す。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi