役所&小栗共演作「キツツキと雨」グランプリの可能性あった! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月31日 > 役所&小栗共演作「キツツキと雨」グランプリの可能性あった!
メニュー

役所&小栗共演作「キツツキと雨」グランプリの可能性あった!

2011年10月31日 12:55

「キツツキと雨」で審査員特別賞を受賞した沖田修一監督「キツツキと雨」

「キツツキと雨」で審査員特別賞を受賞した沖田修一監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第24回東京国際映画祭が10月30日、各賞を発表し閉幕した。クロージングセレモニー終了後、東京・六本木アカデミーヒルズで総評会見が行われ、審査委員長のエドワード・R・プレスマンをはじめ、女優のファン・ビンビン、映画監督の小林政広らコンペティション部門の審査員が9日間に及ぶ審査を振り返った。

フランス映画「最強のふたり」が最高賞にあたる東京サクラグランプリと、最優秀男優賞の2冠を達成。役所広司小栗旬が初共演した、沖田修一監督の「キツツキと雨」が審査員特別賞を受賞した。プレスマン氏は「結果に満足している」。ビンビンも「完璧なエンディング(結果)を迎えることができた」と納得の表情だ。

一方、小林監督は「(コンペ部門15本中)14本は、芸術性に富んでいたり、刺激的だと思える作品とはいえなかった。審査員の中で監督は僕だけだが、“映画監督”としての視点から見えると(審査は)ハードルが低いと思った」。この苦言にプレスマン氏も「確かに実験的な作品は多くなかった」と同意しながらも、「伝統的な作り方をした作品が多かったという意味。それはそれで良いし、政治性、社会性、エンタテインメント性のバランスが大切だと思う」とリーダーシップを発揮した。

審査が進む過程で、上位に浮上したのは「最強のふたり」「キツツキと雨」、そして最優秀監督賞を受賞した「プレイ」(リューベン・オストルンド監督)の3本だという。「『プレイ』は実験的で監督の意欲も感じたが、グランプリ作品としてはダーク過ぎる。一方、『キツツキと雨』は素晴らしかったが、(最高賞には)ライト過ぎた。そういう意味では、各作品の水準が高かったが、抜きん出た作品がなく1本に絞り込むのは大変だった」(プレスマン氏)。

会見には各賞受賞者も出席し、沖田監督は「役所さんと小栗さんが、脚本を気に入ってくれたのが大きい」。ゾンビ映画製作をめぐるドタバタ劇を描き、「(小栗演じる)新人監督というキャラクターは多少、自分の経験を反映した部分がある。ただ、25歳の映画監督という設定そのものが今までにないものなので、面白いかなと思った」と着想を語った。

南極料理人[DVD] 南極料理人[DVD] 最安価格: ¥3,175 監督・沖田修一 生物が全く存在しない極寒の地で、隊員たちに食事を振る舞う料理人の生活を面白おかしく描いた泣けて笑えるフード・エンタテイメント!
荒川アンダー ザ ブリッジ DVD-BOX[DVD] 荒川アンダー ザ ブリッジ DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥10,951 小栗旬出演、中村光の人気コミックが、まさかの実写映像化!新感覚のハートフルラブコメディー!全10話収録。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi