「高慢と偏見とゾンビ」から3人目の監督が降板 主役も決まらず : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月31日 > 「高慢と偏見とゾンビ」から3人目の監督が降板 主役も決まらず
メニュー

「高慢と偏見とゾンビ」から3人目の監督が降板 主役も決まらず

2011年10月31日 11:18

降板したクレイグ・ギレスピー監督「高慢と偏見とゾンビ」

降板したクレイグ・ギレスピー監督
写真:Newscom/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米作家セス・グラハム=スミスのベストセラー小説「高慢と偏見とゾンビ」の映画化企画から、メガホンをとる予定だったクレイグ・ギレスピー監督(「ラースと、その彼女」)が降板したことが明らかになった。同企画から降りた監督は、これで3人目となる。

原作は、ジェーン・オースティンの古典「高慢と偏見」をゾンビ版にアレンジしたもの。当初、デビッド・O・ラッセル監督、ナタリー・ポートマン主演でスタートした企画だったが、その後いずれも降板。代わりに、「スクール・オブ・ロック」の脚本家として知られるマイク・ホワイトが監督に起用されたものの、今年1月に降板し、4月にギレスピー監督の参加が報じられた。

なお、主役のエリザベス・ベネットを演じる女優についても、ポートマン以降、エマ・ストーンスカーレット・ヨハンソンブレイク・ライブリーらが候補に挙がったが、いまだ未定のままだ。

ラースと、その彼女 <特別編>[DVD] ラースと、その彼女 <特別編>[DVD] 最安価格: ¥3,292 クレイグ・ギレスピー監督が贈る、内気な青年とその周りの人々を温かく描くハートフルストーリー
スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション[DVD] スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション[DVD] 最安価格: ¥927 マイク・ホワイト脚本 名門小学校にそぐわないニセ教師と小学生たちがロックを通じて交流を深める、笑いと風刺、感動、そして涙ありの作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi