ハリウッドの映画プロデューサー、景気後退で発言権ダウン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月28日 > ハリウッドの映画プロデューサー、景気後退で発言権ダウン
メニュー

ハリウッドの映画プロデューサー、景気後退で発言権ダウン

2011年10月28日 20:55

「ローン・レンジャー」で苦境に立たされたブラッカイマー「ローン・レンジャー」

「ローン・レンジャー」で苦境に立たされたブラッカイマー
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 景気後退のあおりを受け、ハリウッドで人気プロデューサーへの優遇措置が次々と断ち切られていると、ハリウッド・レポーター紙が報じた。

ハリウッドのメジャースタジオは、プロデューサーが所属する製作会社と契約を結び、企画開発から製作に至るまでをプロデューサー主導で進めてきた。ヒットメーカーを囲い込むためにはさまざまな好条件を提示して契約を獲得していたが、景気が悪くなった今ではプロデューサーに対して冷淡に対応するようになり、電話を折り返さないケースも珍しくないという。

ウォルト・ディズニーと契約を結ぶヒットメーカーのジェリー・ブラッカイマーが、ジョニー・デップ主演「ローン・レンジャー」を立ち上げるために、キャリアで最も厳しい交渉に直面したのが良い例だ。ロン・ハワード監督とブライアン・グレイザーのイマジン・エンタテインメントは、スティーブン・キングの大長篇「ダーク・タワー」を映画3部作とテレビドラマで完全映像化するという一大プロジェクトを、契約を結ぶユニバーサルに却下された。

また、「シックス・センス」やスティーブン・スピルバーグ作品のプロデューサーとして知られるフランク・マーシャルキャスリーン・ケネディは、1作品も映画企画を実現できないまま、ソニー・ピクチャーズとの2年契約を終えたばかり。スピルバーグですら、映画企画の実現に苦労を強いられているという。

映画スタジオが突然このような態度を取るようになったのは、景気後退に加え、DVD収益が急激に落ちたためだ。1作品あたりのリスクがあがったため、スタジオ幹部が積極的に映画製作に関与するようになり、人気プロデューサーといえども特別扱いする余裕がなくなったのだという。

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉[DVD] パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉[DVD] 最安価格: - ジェリー・ブラッカイマー 監督作品、キャプテン・ジャック・スパロウの冒険を描く「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ4作目!
シックス・センス[Blu-ray/ブルーレイ] シックス・センス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,185 フランク・マーシャル、キャスリーン・ケネディ製作、死者が見える少年と心に傷を負った精神科医が交流を通じて癒されていく姿を綴った異色のサスペンス・ホラー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi