八千草薫、舞台降壇時に転倒も「大丈夫です」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月28日 > 八千草薫、舞台降壇時に転倒も「大丈夫です」
メニュー

八千草薫、舞台降壇時に転倒も「大丈夫です」

2011年10月28日 15:05

舞台挨拶降壇時に転倒した八千草薫「明日に架ける愛」

舞台挨拶降壇時に転倒した八千草薫
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の八千草薫が10月28日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた日中友好40周年記念作品「明日に架ける愛」の舞台挨拶に出席。舞台挨拶終了後、ステージから降壇する際に転倒してしまうハプニングがあり「真っ暗で何も見えなくて。鼻を打ってしまった」。その後に行われた写真撮影と囲み取材には出席し「もう大丈夫です」と笑顔を見せていた。

八千草をはじめ、市井紗耶香アレックス・ルー香月秀之監督、ルーがフィーチャリング参加した主題歌を歌う倉木麻衣が登壇。日本と中国のファッション業界を舞台に、中国残留日本人孤児の祖母(八千草)を持つシングルマザー(市井)が、中国人男性(ルー)との国境、時代を超えた恋を通して成長する姿を描く。

市井は私生活でも2児の母親として、仕事と育児を両立させており「働きながら子どもを育てるのは大変だし、バランスが難しいので葛藤(かっとう)する日々。子どもから教わることも多いですし」と役柄に共感。共演のルーは、「参加できて心から喜んでいます。僕にとっては日本デビュー作。素晴らしい皆さんとご一緒できて、とても勉強になりました」と流ちょうな日本語で挨拶していた。

ヒロインの祖母を演じた八千草は「子どもを育てることは、命をつないでいくこと」という劇中のセリフが印象に残っているといい、「私自身に子どもはおりませんが、映画が描く子育ての大切さに心が熱くなりました」と感慨しきり。香月監督は「プロデューサーの小鹿(泰光)さんのお母様が中国残留日本人孤児で、中国の人に大切に育てられたと聞いた。やはり子育てというものは、民族も国境も越えるんだなと。この映画にもそんな思いを込めた」とアピールしていた。

明日に架ける愛」は2012年3月31日から全国で公開。

白夜行 完全版 DVD-BOX[DVD] 白夜行 完全版 DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥17,237 初恋の少女を助けるため父を殺した少年と、少年をかばうために母を手にかけた少女の、残酷で純粋な愛の物語。八千草薫が重要な役どころで出演。
ちょっとマイウェイ DVD-BOX[DVD] ちょっとマイウェイ DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥31,674 桃井かおり、結城美栄子、八千草薫が演じる3姉妹の経営する代官山のレストラン“ひまわり亭”を舞台に、さまざまな人間模様を織りなすおしゃれでコミカル・タッチのドラマ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi