伊勢谷監督「あしたのジョー」力石超える西島秀俊の役作りに脱帽 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月27日 > 伊勢谷監督「あしたのジョー」力石超える西島秀俊の役作りに脱帽
メニュー

伊勢谷監督「あしたのジョー」力石超える西島秀俊の役作りに脱帽

2011年10月27日 18:47

会見に登場した伊勢谷監督と西島秀俊「セイジ 陸の魚」

会見に登場した伊勢谷監督と西島秀俊
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優・伊勢谷友介の監督第2作となる「セイジ 陸の魚」が10月27日、第24回東京国際映画祭の特別招待作品として上映され、伊勢谷監督が会見に出席。その後の舞台挨拶には主演を務める西島秀俊も登壇した。

伊勢谷にとって2003年の「カクト」以来となる監督作。大学最後の夏休みに“自分探し”の旅に出た青年と、場末のドライブインの雇われ店長の交流、そしてその街で起こるある事件を軸に、人が人を癒すことの難しさを描く。

デビュー作「カクト」から8年が経過したが、その間に伊勢谷監督は俳優として数々の作品に出演するとともに、自然環境の再生をテーマにした「リバースプロジェクト」を立ち上げるなど、多岐にわたる活動に参加。「映画を作りたいという気持ちはずっとありましたが、25歳で初めて映画を作ってからの成長を考えると、意味をなした8年だったと思います。一番大きな違いは、1作目は自分のために作ったんですが、今回は自分のエゴのために撮るのではなくなったということ。幸せな時間でした」と述懐。「俳優が味噌汁の具だとしたら、監督は料理そのものを決める人」と独特の表現で俳優業と監督業の違いを語った。

西島は過去に伊勢谷監督と共演経験がない中で今回のオファーを受けたが、「共演者が森山(未來)さんをはじめ、裕木(奈江)さん、津川(雅彦)さん、新井(浩文)くんに渋川(清彦)さんと、俳優の世界の中で最も徹底的に役作りをし、先輩だろうと遠慮することなく演技する役者がそろっていた。その中のひとりに選ばれて幸せでした」とニッコリ。「人を救うということを考える機会を改めて与えてもらった」と振り返った。

伊勢谷監督は、現場での西島について「演出らしい演出はしていない。『何てドライな方なんだ!』と思うくらい、難しいシーンもサラッとやってサラッと帰っていった」と絶賛。西島は役作りとして体を徹底的に絞り、脂肪をなくして本作に臨んだ。伊勢谷監督は、「ほとんど脂肪はなかったです。僕は『あしたのジョー』をやって、そのお株は僕のものだと思っていたんですが、まさか自分の監督作品でそんなことになるとは思わず、現場でびっくりしました(笑)」と脱帽の様子だった。

セイジ 陸の魚」は2月18日より公開。

サヨナライツカ[DVD] サヨナライツカ[DVD] 最安価格: ¥3,289 辻仁成のベストセラー恋愛小説を辻の妻・中山美穂を主演に映画化!西島秀俊出演。
海でのはなし。[DVD] 海でのはなし。[DVD] 最安価格: ¥3,693 スピッツの音楽をモチーフに主演に宮崎あおい×西島秀俊を迎えた、気鋭のクリエイター大宮エリーが描く、小さくて可愛いラブストーリー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi