“妊婦”仲里依紗「絶好のチャンス」海外視野にアピール : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月27日 > “妊婦”仲里依紗「絶好のチャンス」海外視野にアピール
メニュー

“妊婦”仲里依紗「絶好のチャンス」海外視野にアピール

2011年10月27日 17:35

妊婦役を演じた仲里依紗「ハラがコレなんで」

妊婦役を演じた仲里依紗
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の仲里依紗が10月27日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで主演作「ハラがコレなんで」の舞台挨拶に立った。第24回東京国際映画祭の特別招待作品。仲は本作で、粋に生きることをモットーとする妊婦・光子を演じ「つらさを見せない妊婦らしくない妊婦です。日本人として尊敬できる女性代表のような存在。国際映画祭という絶好のチャンスを使って、ぜひ世界の人たちにも見てほしい」と海外を視野にアピールした。

父親不明のまま妊娠9カ月を迎えた24歳の光子(仲)が、持ち前の“きっぷの良さ”で自分のことを後回しにし、他人を助けようと奔走する姿を描いたハートフルコメディ。メガホンをとった石井裕也監督(「川の底からこんにちは」)は、「妊娠はたぶん一生経験できないこと(笑)。だからこそ描く価値があり、面白いはず。人間としてのたくましさを描く上で、今一番必要なものは母性だと思った」と妊婦を主人公にした理由を説明した。

光子の幼なじみ・陽一を演じる中村蒼は、「男らしく責任感の強い陽一の姿を、日本と世界の人に見てもらえれば」と自信満々。陽一の叔父を演じた石橋凌は「テーマは日本再生。ふだんは危ない男や悪党ばかり演じていて、いつも最後に殺される(笑)。今回はおかげさまで、最後まで生きています」と笑いを誘った。撮影中には、20歳になった中村を祝うパーティが行われたそうでい「撮影がないのに、石橋さんが駆けつけてくれた」(中村)と感激しきりだった。

仲は「元気がないといわれる日本にとって、プラスになる映画だと思う」。石井監督は「ここにいる方々をはじめ、役者さんの息の合ったお芝居を見てもらえれば。論理的には解釈してほしくないので、自由な頭で自由に感じ取ってください」と最後まで熱っぽくアピールしていた。 「ハラがコレなんで」は、11月5日から全国で公開。

時をかける少女 Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 時をかける少女 Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,236 仲里依紗が声の出演!1965年の原作発表以来、幾度となく実写映像化されてきた「時をかける少女」が初めてアニメーション映画として登場!
純喫茶磯辺[DVD] 純喫茶磯辺[DVD] 最安価格: ¥3,959 俳優としても独特の存在感を魅せる宮迫博之と仲里依紗がダメ親子を演じた、なんともゆるい笑い満載の親子の物語。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi