ビム・ベンダース監督が来日会見 福島訪問への思いを語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月25日 > ビム・ベンダース監督が来日会見 福島訪問への思いを語る
メニュー

ビム・ベンダース監督が来日会見 福島訪問への思いを語る

2011年10月25日 17:04

親日家として知られるベンダース監督「パリ、テキサス」

親日家として知られるベンダース監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「パリ、テキサス」「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」などで知られるドイツ出身の巨匠ビム・ベンダース監督が、2009年に逝去した天才舞踊家ピナ・バウシュさんの世界を、3Dで撮影したドキュメンタリー「Pina 3D ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」の日本公開に際し来日、10月25日に都内で会見した。

27日に福島を訪問し、本作の無料上映会と舞台挨拶を行う予定のベンダース監督。「ピナの作品にはヒーリングの力があると思っているので、皆さんがそれを感じていただけたら。東京で上映するのであれば、ぜひ福島でもやってほしいと私が頼んで話を進めてもらいました。(福島では)車でまわって、この目で見たいと思っています。ドイツでは(原子力発電所での)事故は何も起きていませんが、すべて廃炉にすると決めました。今回のことは未来のために大変な教訓になると思います」と話した。

バウシュさんが生前から映画のために選んでいた4つの舞台のほか、バウシュさんが芸術監督を務めていたドイツ・ブッパタール舞踏団のダンサーたちが街中や自然の中で繰り広げるパフォーマンス、在りし日のバウシュさんの映像、ダンサーたちからの追悼のメッセージが収められている。

本作製作の経緯については「最初はダンスに興味がなかったんです。バレエやモダンダンスはもちろん見ていましたが、見ても心に触れることはなかったのです」と明かす。そして、「25年前くらいに、当時のガールフレンドに誘われてピナの舞台を見に行ったら、自分の人生を変えるほど感動しました。踊り始めてから5分後には、泣いていました。脳では理解できない圧倒するものを肉体が感じていました」と劇的な出合いを振り返る。だからこそ、「ダンスに興味のない人に見てもらいたいのです。私がその一人でしたから」と呼びかけた。

会見には、ベンダース監督、生前のバウシュさんと親交のあったタレントの楠田枝里子もゲストとして登場し、熱い思いを語った。

「Pina 3D ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」は2012年2月25日から全国で公開。

パリ、テキサス 【デジタルニューマスター版】[DVD] パリ、テキサス 【デジタルニューマスター版】[DVD] 最安価格: ¥3,175 パルムドールを受賞作品! ビム・ベンダース監督が贈るロード・ムービーの傑作。
ベルリン・天使の詩[DVD] ベルリン・天使の詩[DVD] 最安価格: ¥3,175 カンヌにて監督賞を受賞した、ビム・ベンダース監督が贈るファンタジー・ロマンス。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi