ジャッキー・チェン、被災者思い「どんなことがあっても来たかった!」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月22日 > ジャッキー・チェン、被災者思い「どんなことがあっても来たかった!」
メニュー

ジャッキー・チェン、被災者思い「どんなことがあっても来たかった!」

2011年10月22日 14:34

東京国際映画祭・特別オープニング作品「1911」の舞台挨拶に 立った(左から)中川翔子、ジャッキー・チェン、江角マキコ「1911」

東京国際映画祭・特別オープニング作品「1911」の舞台挨拶に
立った(左から)中川翔子、ジャッキー・チェン、江角マキコ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジャッキー・チェンの出演100作目にあたる感動巨編「1911」が10月22日、第24回東京国際映画祭の特別オープニング作品として上映され、ジャッキーをはじめ、同作の日本語吹き替え版で声優を務めた江角マキコ中川翔子が東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで舞台挨拶に立った。

1911年、衰退の一途をたどる清王朝を舞台に、中国近代化のきっかけとなった「辛亥革命」に命をかけた革命軍司令官・黄興(ジャッキー)と若者たちの姿を構想10年、総製作費は30億円という壮大なスケールで描く。ジャッキーは主演と総監督を兼ね、「レッドクリフ」のチャン・リー撮影監督がメガホンをとった。

ジャッキーは「震災後初めての大きな映画祭ですし、どんなことがあっても来たいと思っていました」とファンに挨拶。現在、新作「十二生肖(原題)」の撮影中だといい「ここ最近はずっと睡眠時間が1時間ほど。今晩、中国に戻って、明日の朝6時から撮影が始まるんだ」。日本語で「とっても忙しいね」と苦笑する多忙ぶりだ。

それでも「皆さんの応援がたくさんのエネルギーを与えてくれる。新作を完成させて、またお会いしたい。(英語で)You for me, I for you」と感謝の意を表し、客席は拍手喝さいだった。

江角は黄興の妻である女性革命家の徐宗漢を演じ「ジャッキーさんの中国、そして未来に対する愛を感じる作品。参加できて光栄です」。ジャッキーとはこの日が初対面で「もう大変。かなりワナワナしています(笑)。まさか自分がこんな風になるなんて」と感動しきりだ。一方、若き革命家の妻を演じる中川は「今、この瞬間、ジャッキーさんが吐いた酸素を吸ったり吐いたりしながら、私を通して中川家の先祖が酔拳している」と独特の言い回しで大喜び。その後もジャッキーへの愛を延々と語り、「もう、しょこたん、長い!」(江角)、「通訳さんが大変ですよ」(ジャッキー)と突っ込まれていた。

1911」は、11月5日から全国公開。

ベスト・キッド コレクターズ・エディション[DVD] ベスト・キッド コレクターズ・エディション[DVD] 最安価格: ¥1,000 ジャッキー・チェン出演、1984年に製作され、大ヒット作となった『ベスト・キッド』を待望のリメイク!
スパルタンX デジタル・リマスター版[DVD] スパルタンX デジタル・リマスター版[DVD] 最安価格: - ジャッキー・チェンがスペインでオールロケした海外進出第1弾となったアクション映画。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi