フセインの息子の元影武者、「ドーハの悲劇」の背景を暴露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月21日 > フセインの息子の元影武者、「ドーハの悲劇」の背景を暴露
メニュー

フセインの息子の元影武者、「ドーハの悲劇」の背景を暴露

2011年10月21日 11:15

フセインの息子の元影武者が来日決定「デビルズ・ダブル ある影武者の物語」

フセインの息子の元影武者が来日決定
(C)Filmfinance VI 2011 - All Rights Reserved
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 権力と莫大な富にものを言わせ、数々の悪行を重ねたサダム・フセインの息子、ウダイ・フセインの影武者だったラティフ・ヤヒア氏が、自伝を基にした映画「デビルズ・ダブル ある影武者の物語」の日本公開を記念し、来日することが明らかとなった。

バグダッド有数の実業家の息子であるヤヒア氏は、エリート学校でウダイのクラスメイトとなり、大学卒業後、ウダイと顔が似ているという理由で影武者になることを強要された。許諾するまで1週間、窓のない、座る隙間のない狭い赤い部屋に閉じ込められ過ごしたという。1987~91年までウダイの影武者を務めた後、ヨーロッパへ亡命、現在は作家、国際法律博士として暮らしている。

ヤヒア氏の自伝には、数年に渡って強いられた任務の中で、暴力や淫行など常軌を逸したウダイの行動、おぞましい事件など驚がくの事実が事細かに書かれており、イラクオリンピック委員会の委員長を務めていたウダイは、1993年に「ドーハの悲劇」と呼ばれた、サッカーW杯アジア地区最終予選イラクVS日本戦の際、イラクの選手に日本に負けたらムチ打ちの刑にすると脅していた。映画の中でも、実際に自国の成績不振のスポーツ選手にひどい拷問を行っていた様子が描かれている。

R18+指定の本作は、「マンマ・ミーア!」「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」などで注目の若手実力派、ドミニク・クーパーが1人2役で主演を務め、サンダンス・ベルリンを始め各国の映画祭で絶賛された。このほど公開された予告編では、己の欲望のままに悪事を続けるウダイと、自分の立場に苦悩するヤヒア氏を見事に演じ分けている。

脚本を担当したマイケル・トーマスは「本当は脚本にした以上に、もっとひどい事実があった。映画に適さない部分が多々あり渋々諦めざるを得なかった」とのコメントを発表しており、今回のヤヒア氏来日によって、さらに隠された史実が語られるのか、注目が集まる。

デビルズ・ダブル ある影武者の物語」は、2012年1月13日から全国で公開。

マンマ・ミーア![DVD] マンマ・ミーア![DVD] 最安価格: - ABBAの曲を全編にちりばめ、世界的ヒットを記録した傑作ミュージカル映画
ある公爵夫人の生涯 スペシャル・コレクターズ・エディション[DVD] ある公爵夫人の生涯 スペシャル・コレクターズ・エディション[DVD] 最安価格: ¥2,700 ドミニク・クーパー出演 故ダイアナ妃の祖先にあたるデヴォンシャー公爵夫人のスキャンダラスな実話を映画化

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi