AKB48大島優子、似すぎて「怖い」本人等身大フィギュアと初対面 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月19日 > AKB48大島優子、似すぎて「怖い」本人等身大フィギュアと初対面
メニュー

AKB48大島優子、似すぎて「怖い」本人等身大フィギュアと初対面

2011年10月19日 12:00

AKB48大島優子、等身大フィギュアと初対面

AKB48大島優子、等身大フィギュアと初対面
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 国内外のスターの等身大フィギュアを展示する「マダム・タッソー東京」(東京・台場)に、人気アイドルグループ「AKB48」の大島優子の等身大フィギュアが仲間入りすることになり10月19日、大島本人が出席するお披露目式が行われた。大島は自身の“分身”との初対面に思わず「ここまで似ているとは。正直怖い」。特に目がそっくりだといい「私の代わりに、行けない現場に行ってほしい」と出来ばえに大満足していた。

現在、レディー・ガガジョニー・デップマイケル・ジャクソンら約20体の等身大フィギュアを展示している同施設。今回、大島は名だたる著名人と居並ぶことになり「最初は私でいいのかなって。でもこれでハリウッドスターの仲間入りなので(笑)、フィギュアだけでもセレブ気分を味わいたい」とご満悦だ。

製作期間は約3カ月。まず7月上旬に、専門スタッフによる採寸が行われ「全部で200カ所くらい。ここぞとばかりに、いろんな場所を調べられて恥ずかしかった。約2時間、ほとんど動けなかったので大変でした」。その後、ロンドンでフィギュア製作が進められ、製作費は約1900万円かかったという。衣装は紅白歌合戦で大島本人が着ていたもの。記者から「胸もこのまま?」と意地悪な質問が飛ぶと、自ら胸元を触りながら「なかなか、ありますね」とはぐらかした。

展示中のフィギュアは来場者による写真撮影や“ハグ”などの接触もOK。「私たちも普段は握手会などでファンの皆さんと交流しているが、さすがに肩を抱いたり、ハグしたりはできないので、ぜひこの機会に触れ合ってほしい。一緒に写真を撮って、自慢してもらっても大丈夫です」とアピールしていた。

大島優子の等身大フィギュアは「マダム・タッソー東京」(2012年1月4日までの期間限定開業)で展示中。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi