檀れい、初の悪女役で玉山鉄二を虜にするのを「楽しんだ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月19日 > 檀れい、初の悪女役で玉山鉄二を虜にするのを「楽しんだ」
メニュー

檀れい、初の悪女役で玉山鉄二を虜にするのを「楽しんだ」

2011年10月19日 15:30

連続ドラマ「造花の蜜」に出演する檀れい

連続ドラマ「造花の蜜」に出演する檀れい
[拡大画像]

[映画.com ニュース] WOWOWで11月末より放送となる連続ドラマ「造花の蜜」の制作発表会見が10月19日、東京・青山迎賓館で行われ、檀れい玉山鉄二田辺誠一と脚本を手がけた岡田惠和小林義則監督が出席。報道陣からの「結婚生活は順調?」という質問に檀は「もちろんです」と笑顔を見せた。

直木賞作家・連城三紀彦の同名小説を、NHKの連続テレビ小説「おひさま」「ちゅらさん」の岡田の脚本で連続ドラマ化。身代金目的と思われた幼児誘拐事件の発生をきっかけに、幾重にも重なる、ある巨大な事件の全貌、蘭と名乗る謎めいた美女の秘密が少しずつ明かされていく。

檀にとって“悪女”を演じるのは初めてだったが、「ひと言でいうと楽しかったです。いままで、追いつめられて苦しんだり涙を流したりする役が多かったのですが、まったく違う女性を演じられました」と述懐。男性を虜にしていくシーンがかなり気に入った様子で、「玉山くん演じる川田を“働き蜂”にしていく過程は面白かったし、『女性って怖いな』と思いました。(演じた蘭は)女性としては魅力的かな」と魔性の笑みを浮かべていた。

檀本人は、「あまり計算が得意じゃないので『こうすれば男性が虜になる』と考えて生きてきたことはなかったです。ふだんは人見知りで壁を作ってしまうんですが、仲良くなるとそのままの自分でいると思います」と明かした。

魔性の女に落ちる側に回った玉山は、「働き蜂です」と自虐気味に語りつつ「毎日のように檀さんに罵られて、帰り際に『今日もごめんね』と言ってもらえるのが唯一の救いでした(笑)。これまで自分はドSだと思っていたんですが結構、居心地が良かった」と告白した。さらに、檀から「こういう女に引っかかっちゃダメよ」と忠告を受けたことを明かし「僕は姉が3人いて、女性の汚い部分をよく知っているので大丈夫です」と自信満々だった。

連続ドラマW「造花の蜜」は11月27日から放送開始(全4話)。第1回は無料放送。

母べえ 通常版[DVD] 母べえ 通常版[DVD] 最安価格: ¥1,642
BOSS 2nd SEASON DVD-BOX[DVD] BOSS 2nd SEASON DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥19,749

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi