岡田将生、GReeeeN新曲PVに医師役で出演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月19日 > 岡田将生、GReeeeN新曲PVに医師役で出演
メニュー

岡田将生、GReeeeN新曲PVに医師役で出演

2011年10月19日 11:10

青年医師に扮する岡田将生「アントキノイノチ」

青年医師に扮する岡田将生
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の岡田将生が、GReeeeNの新曲「恋文~ラブレター~」(11月16日発売)のPVに医師役で出演していることがわかった。同曲が、岡田と榮倉奈々が主演する映画「アントキノイノチ」(瀬々敬久監督)の主題歌だという縁もあり、コラボレーションが実現した。

「思いを遂げることがすべてじゃない、大切なのは幸せを願うこと」がテーマの同曲は、“一生をかけてつづる、目には見えないラブレター”を普遍的な愛の形にたとえ、これ以上にない愛の思いが放たれたラブソング。岡田は、「曲を聴きながら気持ちよく、楽しく演じることができました。最後に幸せな2人を描いていて、心温まるPVになったと思います」と自画自賛する。

PVの主人公は岡田扮する青年医師で、重い病の手術のために入院してきた少女に恋をする。少女は、「病気が完治するかは分かりません。私のことは忘れてください」と断腸の思いで書いた恋人への別れの手紙を青年に託すが……。新たな恋に夢中の恋人から手紙の受け取りを拒否された青年は、純粋に少女の笑顔を見るためだけに、手紙を代筆する。

完成したPVを見たGReeeeNは、「岡田さん演じる青年の、大切な人をまっすぐに思う心に僕らはとても感銘を受けました。この曲を作ったときの僕らの気持ちを感じてくれたんだと思うと、とてもうれしかったです」と手放しで喜んでいる。

第35回モントリオール世界映画祭のワールド・コンペティション部門でイノベーションアワードを戴冠した同作は、さだまさしの同名小説が原作。過去に傷を負った若者ふたりが、“遺品整理業”という職業を通じて出会い、人と人とのきずなに触れ合ううちに再生を遂げていく姿を描く。

アントキノイノチ」は、11月19日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi