布袋寅泰「ミッション:インポッシブル」テーマ曲をアレンジ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月18日 > 布袋寅泰「ミッション:インポッシブル」テーマ曲をアレンジ
メニュー

布袋寅泰「ミッション:インポッシブル」テーマ曲をアレンジ

2011年10月18日 07:01

「ミッション:インポッシブル」最新作のテーマ曲を アレンジすることになった布袋寅泰「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」

「ミッション:インポッシブル」最新作のテーマ曲を
アレンジすることになった布袋寅泰
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日本を代表するギタリストの布袋寅泰が、トム・クルーズ主演の人気シリーズ最新作「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」の日本公開を記念し、メインテーマ曲をアレンジすることが決まった。

配給のパラマウント・ピクチャーズは、トムとともに映画の“顔”であるテーマ曲を使って、圧倒的でインパクトのあるアプローチを検討。白羽の矢が立ったのが布袋で、このアイデアに本国のプロデューサー陣も「グレイト!」と絶賛したという。布袋サイドもオファーに快諾したことで、夢のコラボレーションが実現した。

布袋は、「タイアップの話がきたときは『やった!』と思った。映画ファンだけにとどまらず、多くのファンに愛されている名曲中の名曲なので、それを傷つけるわけにはいかない。その反面、僕にこのミッションを与えていただいたからには、やっぱり布袋色に染めたかった」とコメントを寄せた。

くしくも布袋とクルーズは同年齢で、アーティスト活動とハリウッドデビューが30年という共通項も見受けられる。不思議な縁だと話す布袋は、「30年というのは決して短い期間ではない。でも自分的にはあっという間だったし、多分トムもそうだと思います」と言及。さらに、「そんななか色々な試行錯誤をしながら、トムは映画に対する愛情、僕は音楽に対する愛情を失うことなくやってきた。そんな我々がこの作品でめぐり合えたのは、僕にとってとても光栄です」と手放しで喜んでいる。

5年ぶりのシリーズ第4作となる今回は、ロシアのクレムリン爆破事件の容疑がトム扮する極秘スパイ組織IMFのイーサン・ハントにかけられるというのが、物語の発端となる。ドバイ、ロシア・モスクワ、ハンガリー・ブタペスト、カナダ・バンクーバーなどシリーズ最大規模のロケを実施したことでも知られている。

布袋が手がけた楽曲は、テレビスポットをはじめ、さまざまなプロモーションで起用される予定だという。

ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」は、12月16日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi