「スター・トレック」ザッカリー・クイント、ゲイをカミングアウト : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月17日 > 「スター・トレック」ザッカリー・クイント、ゲイをカミングアウト
メニュー

「スター・トレック」ザッカリー・クイント、ゲイをカミングアウト

2011年10月17日 13:22

同性愛者のティーンのサポートも表明「スター・トレック」

同性愛者のティーンのサポートも表明
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画「スター・トレック」、テレビシリーズ「HEROES/ヒーローズ」で知られる俳優ザッカリー・クイントが、同性愛者であることをカミングアウトした。

米ニューヨーク誌のインタビューで明かしたもの。クイントは、昨秋から8カ月に渡り上演されたオフ・ブロードウェイ舞台「Angels in America」に出演。戯曲家トニー・クシュナーによる同性愛者を描いたピュリツァー賞受賞作品で、エイズに侵された恋人を見捨てるルイス・イロンソン役を演じた。

公演を振り返り、クイントは「俳優としてこれまででいちばん過酷な、やりがいのある仕事だった」と語った。そして「1人のゲイ男性として、ほかにもまだまだやるべき仕事、着目し取り組まなければならないことがあると感じた」と告白。初めて公に、ゲイであることを認める発言をした。

クイントはこれまで、自身のセクシャリティについて口を閉ざしてきたが、いじめを受けている同性愛者のティーンのサポートを表明し、理解を呼びかけていた。また、トリ・スペリング主演のテレビ番組「So NoTORIous」を含むさまざまな作品のほか、FXネットワークの新ドラマ「American Horror Story」でもゲイの男性役を演じている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi