「スター・トレック」ザッカリー・クイント、ゲイをカミングアウト : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月17日 > 「スター・トレック」ザッカリー・クイント、ゲイをカミングアウト
メニュー

「スター・トレック」ザッカリー・クイント、ゲイをカミングアウト

2011年10月17日 13:22

同性愛者のティーンのサポートも表明「スター・トレック」

同性愛者のティーンのサポートも表明
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画「スター・トレック」、テレビシリーズ「HEROES/ヒーローズ」で知られる俳優ザッカリー・クイントが、同性愛者であることをカミングアウトした。

米ニューヨーク誌のインタビューで明かしたもの。クイントは、昨秋から8カ月に渡り上演されたオフ・ブロードウェイ舞台「Angels in America」に出演。戯曲家トニー・クシュナーによる同性愛者を描いたピュリツァー賞受賞作品で、エイズに侵された恋人を見捨てるルイス・イロンソン役を演じた。

公演を振り返り、クイントは「俳優としてこれまででいちばん過酷な、やりがいのある仕事だった」と語った。そして「1人のゲイ男性として、ほかにもまだまだやるべき仕事、着目し取り組まなければならないことがあると感じた」と告白。初めて公に、ゲイであることを認める発言をした。

クイントはこれまで、自身のセクシャリティについて口を閉ざしてきたが、いじめを受けている同性愛者のティーンのサポートを表明し、理解を呼びかけていた。また、トリ・スペリング主演のテレビ番組「So NoTORIous」を含むさまざまな作品のほか、FXネットワークの新ドラマ「American Horror Story」でもゲイの男性役を演じている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi