蒼井優“あこがれの人”との初共演に大感激 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月16日 > 蒼井優“あこがれの人”との初共演に大感激
メニュー

蒼井優“あこがれの人”との初共演に大感激

2011年10月16日 14:09

「たまたま」初日挨拶に立った 蒼井優と小松真弓監督「たまたま」

「たまたま」初日挨拶に立った
蒼井優と小松真弓監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アイルランドで撮影された蒼井優の主演映画「たまたま」の初日舞台挨拶が10月15日、東京・渋谷のシネクイントで行われ、蒼井と脚本を兼ねた小松真弓監督が出席した。

アイルランドの美しい自然や町並みを旅するヒロイン(蒼井)が遭遇する“たまたま”の出会いを通して、日常で見逃しがちな奇跡や希望を描きだす53分間の映像作品。小松監督は蒼井が出演した紅茶のCMをはじめ、これまでに300本以上のCMやミュージックビデオ、ショートムービーを手がけてきた映像クリエイター。蒼井も「仕事をご一緒した延長で、長い作品も見てみたいと思った。会ったときから『この人はいい人だな』って思ったし、素敵な作品になると思った」と全幅の信頼を寄せる存在だ。

また、唯一の日本人共演者として、コンテンポラリーダンサーの森山開次が“雨男”役で出演。「以前から興味があって、脚本の段階から雨男を演じてほしいと思っていた。でも、それは監督が決めることだから、あえて私からは言わなかった」(蒼井)。その後、小松監督から森山の起用を聞かされたといい「すっごくうれしかったです。即興で踊る姿を間近で見られる貴重な機会になった」とあこがれの存在との初共演に大感激していた。

主題歌を担当するのは、アイスランド出身の大物グループ「シガー・ロス」。蒼井と小松監督はともに、撮影に入る前から「この作品にはシガー・ロスが合う」と意見が一致したといい「でも無理かなあって話になって」(蒼井)、「ダメ元でシナリオをファックスしたら、すぐにデモ(音源)が送られてきた」(小松監督)。同グループにとっては、初の日本映画への主題歌提供となった。

蒼井は、こだわりが詰まった本作を「誇りをもって、胸張ってお届けできる作品がようやく完成しました。今日“たまたま”見に来てくださった方も、気に入ってもらえれば周りに広げてください」。小松監督は「変わったものができました。普通の感覚では見ないでください(笑)。なんで優ちゃんが旅しているのかとか、謎がいっぱいなので何度も見てもらえれば」とアピールした。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi