田中麗奈“生霊”六条御息所役を生々しく熱演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月15日 > 田中麗奈“生霊”六条御息所役を生々しく熱演
メニュー

田中麗奈“生霊”六条御息所役を生々しく熱演

2011年10月15日 16:42

新境地を開拓した田中麗奈「源氏物語 千年の謎」

新境地を開拓した田中麗奈
(C)2011「源氏物語 千年の謎」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の田中麗奈が、生田斗真の主演映画「源氏物語 千年の謎」で六条御息所役として出演し、生々しい演技で新境地を開拓している。

同作は、高山由紀子の「源氏物語 悲しみの皇子」が原作。「物語の中の光源氏の世界」と「物語を書いた紫式部の世界」を織り交ぜ、その間を窪塚洋介扮する陰陽師・安倍清明が行き来するという、夢と現実が交錯する世界を描く。高山自身も脚本に参加し、「愛の流刑地」の鶴橋康夫監督が約4年ぶりにメガホンをとった。

田中扮する六条御息所は、教養も理性も兼ね備えた美女だが、年下の光源氏に恋をしたことで嫉妬(しっと)に狂い、生霊になって正妻・葵の上(多部未華子)や愛人・夕顔(芦名星)を殺してしまう役どころ。理性的であるがゆえに、感情の赴くままに突き動かされてしまう自らの姿に苦しむという難役だ。

この役を演じるに当たり、過去に製作された映画、漫画、原作などの資料を読み込んで役づくりに励んだという。なかでも林真理子の「六条御息所 源氏がたり」が参考になったそうで、「それらを体の中に取り入れる感じと、こんな風な女性に……という希望、それからただ苦しい恋をしてしまった女性のひとりというイメージで演じさせていただきました」と振り返る。

製作スタッフの高いプロ意識にも触発されたという。だからこそ、「たくさんの研究やアイデアを出されていたこと、そしてそれを自分が体感し、身にまとうことに興奮いたしました。メイク、衣装、すべて委ねました。そこに私も助けられ、今回の六条御息所ができたのだと本当に感謝しています」。

生霊役ということで、特殊なメイクをほどこし、獲物を絡め取るクモの巣をイメージした特注の衣装を着用。ワイヤーロープを用いても撮影にも挑んだといい、「メイクは生霊ということで、もちろんおぞましいのですが、アジアンテイストを取り入れたモード感が入っているところが新しいと思うし、個人的にも好きです」とコメントを寄せた。

今作では生田が光源氏、紫式部を中谷美紀、光源氏のモデルともいわれる時の権力者・藤原道長を東山紀之が演じている。さらに、真木よう子、多部、芦名らが光源氏と恋愛を繰り広げる姫君となり彩りを添える。

源氏物語 千年の謎」は、12月10日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi