役所、樹木、宮崎がそろい踏み 「わが母の記」ポスター公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月14日 > 役所、樹木、宮崎がそろい踏み 「わが母の記」ポスター公開
メニュー

役所、樹木、宮崎がそろい踏み 「わが母の記」ポスター公開

2011年10月14日 08:23

日本映画界を代表する3人が共演する「わが母の記」「わが母の記」

日本映画界を代表する3人が共演する「わが母の記」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 原田眞人監督の最新作で、第35回モントリオール世界映画祭ワールド・コンペティション部門で審査員特別グランプリを受賞した「わが母の記」のポスター画像が公開された。

国民的作家・井上靖が執筆した「わが母の記~花の下・月の光・雪の面~」3部作をもとに、「クライマーズ・ハイ」など骨太な社会派作品で知られる原田監督が、初めて親子愛をテーマに映画化。時代に先駆け「老い」と「介護」に焦点を当て、記憶が薄れゆく母と家族の10年にわたる愛の軌跡を描く。

公開されたポスターには、主演の役所広司樹木希林宮崎あおいがそろい踏み。「たとえ忘れてしまっても、きっと愛だけが残る。」というキャッチコピーが掲げられ、日本映画界を代表する3人の自然な表情が、親子愛という普遍的なテーマの作品世界を切り取っている。

また、今作はモントリオール映画祭後も、世界の映画祭で引っ張りだこの状態が続いている。10月14日には第16回釜山国際映画祭のクロージング作品として上映されるほか、第47回シカゴ映画祭コンペティション部門、第31回ハワイ映画祭Spotlight on Japan部門、第13回ムンバイ映画祭コンペティション・Celebrate Age部門に出品している。

わが母の記」は、2012年ゴールデンウィークに全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi