ノーラ・エフロン「ジェイン・オースティンに恋して」を映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月13日 > ノーラ・エフロン「ジェイン・オースティンに恋して」を映画化
メニュー

ノーラ・エフロン「ジェイン・オースティンに恋して」を映画化

2011年10月13日 11:22

タイムトラベル版「高慢と偏見」を監督「ジュリー&ジュリア」

タイムトラベル版「高慢と偏見」を監督
写真:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ジュリー&ジュリア」「ユー・ガット・メール」の監督・脚本家として知られるノーラ・エフロンが、2008年に英ITVで放送されたミニシリーズ「ジェイン・オースティンに恋して(原題:Lost in Austen)」の映画化に取り組むことがわかった。

オリジナル版ドラマの主人公は、現代のロンドンに住むオースティンファンの銀行員アマンダ(ジェミマ・ルーパー)。ある日、オースティンの古典「高慢と偏見」のヒロイン、エリザベス・ベネットが自宅のバスルームに現れ、エリザベスと入れ替わりに小説の世界に迷い込むという設定のファンタジックコメディだ。エリザベス役をジェマ・アータートン、ミスター・ダーシー役をエリオット・コーワンが演じた。

エフロンは映画版の監督と脚本を手がけ、主人公の住まいは、ロンドンからニューヨークに変更される見込みだ。キャストは未定。サム・メンデスがプロデュースを務め、ソニー・ピクチャーズの配給が決定している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi