「ボンド23」悪役にハビエル・バルデムが決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月12日 > 「ボンド23」悪役にハビエル・バルデムが決定
メニュー

「ボンド23」悪役にハビエル・バルデムが決定

2011年10月12日 20:48

ハビエル・バルデム「ボンド23」悪役に決定!「ノーカントリー」

ハビエル・バルデム「ボンド23」悪役に決定!
写真:アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ダニエル・クレイグ主演、「007」シリーズ最新作「ボンド23(原題)」の悪役に、「ノーカントリー」の殺し屋役でアカデミー賞助演男優賞に輝いたハビエル・バルデムが決定した。

バルデム本人が、米ABCのニュース番組「ナイトライン」で明かした。バルデムは「007」シリーズについて、「子どものころから両親に連れられて、全作品見ていたから、とても興奮している。楽しみだ」とコメント。演じる役どころの詳細については明かせないとした。なお、同作の悪役としてはもうひとり、レイフ・ファインズの名前も噂されている。

サム・メンデス監督がメガホンをとる「ボンド23」は、クレイグのほか、ボンドの上司M役でジュディ・デンチが続投。ボンドガールとして仏女優ベレニス・マーロウ、Mの秘書マネーペニー役で英女優ナオミ・ハリスの出演が決定している。

2012年10月26日の英公開、同11月9日全米公開を予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi