アーロン・エッカートがフランケンシュタインの怪物役に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月12日 > アーロン・エッカートがフランケンシュタインの怪物役に
メニュー

アーロン・エッカートがフランケンシュタインの怪物役に

2011年10月12日 11:14

フランケンシュタインの怪物に変身「ダークナイト」

フランケンシュタインの怪物に変身
写真:LNC / James Murphy/Camera Press/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優アーロン・エッカート(「ダークナイト」「世界侵略:ロサンゼルス決戦」)が、ケビン・グレビオー(「アンダーワールド」)のグラフィックノベルを映画化する新作「I, Frankenstein」で、主人公アダム・フランケンシュタインを演じるとライオンズゲートが発表した。

英作家メアリー・シェリーの古典小説「フランケンシュタイン」を、現代風にアレンジしたストーリー。遺伝子変異で現在まで生き残ったフランケンシュタインの怪物アダムが、ゴシック調のメトロポリスで長らく続く不死の種族間争いに巻き込まれる。

脚本を執筆したスチュアート・ビーティー(「パイレーツ・オブ・カリビアン 生命(いのち)の泉」「G.I.ジョー」)が、自らメガホンをとる。2012年1月にオーストラリアでクランクイン、13年2月22日全米公開の予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi