上映禁止処分を受けた、A・カリーナ主演の宗教問題作が再映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月11日 > 上映禁止処分を受けた、A・カリーナ主演の宗教問題作が再映画化
メニュー

上映禁止処分を受けた、A・カリーナ主演の宗教問題作が再映画化

2011年10月11日 20:49

「修道女」が再映画化!「修道女」

「修道女」が再映画化!
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 18世紀フランスの思想家ディドロが修道院の腐敗を告発した小説を、ヌーべル・バーグの旗手ジャック・リベット監督がアンナ・カリーナ主演で映画化、カトリック教会の反対により上映禁止処分を受けながらも、1966年にカンヌ映画祭で最高賞にノミネートされ物議をかもした問題作「修道女」が再び映画化されることが明らかとなった。

自らの意に反して修道院に送られた没落貴族の娘・シュザンヌは、修道院長に肉体的苦行を受け、紆余曲折の後、別の修道院に移る。新しい修道院では院長にかわいがられるが、そこでは修道女たちが同性愛にひたっており、シュザンヌはセクハラを受ける。神に請願をたてることを拒否するシュザンヌは、自由を求めて逃げ出したものの、その後、娼館に拾われる……というスキャンダラスなストーリーから、公開時は18禁指定を受けた。

ベルギー出身の新進女優ポーリーヌ・エティエンヌがシュザンヌを演じ、「アデル ファラオと復活の秘薬」のルイーズ・ブルゴワンがサディスティックな修道院長を、シュザンヌに性的な愛情を示す修道院長を「ピアニスト」などで知られる演技派女優イザベル・ユペールが演じる。メガホンをとるのは「ストーン・カウンシル」を手がけた仏スリラーの名手、ギョーム・ニクルー監督。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi