江角マキコ、ジャッキー100作目で実写吹き替えに初挑戦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2011年10月11日 > 江角マキコ、ジャッキー100作目で実写吹き替えに初挑戦
メニュー

江角マキコ、ジャッキー100作目で実写吹き替えに初挑戦

2011年10月11日 18:32

日本語吹き替えに初挑戦した江角マキコ「1911」

日本語吹き替えに初挑戦した江角マキコ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の江角マキコが、ジャッキー・チェンの映画出演100作目となる「1911」日本語吹き替え版で、声優を務めることがわかった。リー・ビンビン演じるヒロイン徐宗漢の声を担当。「ボルト」など アニメーション作品での声優経験を持つが、実写作品の吹き替えは初挑戦となる。

女性革命家の徐宗漢は、ジャッキー演じる黄興を陰で支え、強い精神力と母性を兼ね備えたキャラクター。2児の母と女優業を両立する江角のイメージが、凛(りん)としたキャラクター像と一致したことから今回の起用が決定した。

元々ジャッキーのファンだという江角は、「100本目という金字塔になる作品に、自分が参加させていただいたことは大変名誉なことだと思っております」と感慨もひとしお。初めて挑んだ吹き替えは「とても難しかったですが、本当にやりがいのある仕事でした。すべてのシーンから“生きること”そして“自分の命を尽くすということ”が伝わってきました。はじめから最後まで引き込まれる映画ですし、母としていかに自分が生きていくかということを考えさせられる映画でした」と語った。

一方のジャッキーは、「『1911』の日本語吹き替え版で、情熱と愛情に満ちた徐宗漢を日本の素晴らしい女優である江角マキコさんに演じていただいて光栄に思います」とコメントを寄せている。

衰退する清王朝を舞台に、“中国革命の父”孫文の右腕として奔走した黄興や、革命に身を捧げた若者の姿を描く。主演のジャッキーが総監督も兼ね、「レッドクリフ」で撮影監督を務めたチャン・リーがメガホンをとった。ジャッキー、リーをはじめウィンストン・チャオジョアン・チェンジェイシー・チェンユィ・シャオチュンらが出演している。

1911」は、第24回東京国際映画祭(10月22~30日)の特別オープニング作品として上映予定。11月5日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi